横浜FC×FC東京 J1第25節

c0025217_8475943.jpg

今月国立4試合目、中でもいちばん過ごしやすくて気持ちよかった横浜FC戦
内容はまったく伴ってないが、降格圏内との勝ち点差を11と広げる、非常に大きな1勝であり、最低限の目標を達成した形となった。
梶山のためにも勝利を、なんて思いがそこかしこで聞かれたが、終わってみれば梶山がチームにおいていかに大きな存在だったかを思い知らされる結果だったな。

c0025217_8522710.jpg
c0025217_8524077.jpg

東京は梶山のところに福西を下げ、ボックスのオフェンシブは石川と栗澤で構成。
福西はいつもより気合いが入ったか、運動量が多い。
繋いでくる横浜FCに対して、ルーコン・赤嶺の2トップからボランチ2人まで、前半からプレスをかけまくり、それがハマる。
高い位置でボールを奪っては即、2トップorサイドorミドルと、シンプルに攻めた。
ルーコンと赤嶺の動き出しがよく、基本引き気味の横浜相手でも、ディフェンスラインからのロングボールなんかが比較的チャンスに結びついていた。

しかし、このメンツだとやはりアイデアや展開力にかける。
シンプルな攻めはそれなりに効果的だったが、精度が高くない限り崩しきれない。
栗澤も石川もそれなりに絞る意識は高かったと思うし、福西も動けてたとは思うが、今ちゃんは守勢に回ることを前提としてたし、バイタルが空く、2トップはサイドに流れないと孤立する場面が目立った。
ここ、梶山は中盤の底からバイタルまで幅広くカバーしてたよね。
ビルドアップ時ではなく、急所をつくサイドチェンジも多かった。
それでいて守備の不安も福西ほどではないから今ちゃんも上がれてた。
ゴールは見事だったし、頑張れてた福西には悪いが、梶山不在を印象づける前半だった。

c0025217_90227.jpg
c0025217_903576.jpg

横浜FCとは今年もう4回目の対戦なんだけど、キングをJ1で見るのはこれが最後かな。
なんて思いながら来たんだけど、まだまだやれそうだねえ。
あちらの攻撃はキング頼みじゃないですか。
体もキレキレ。
フジとのマッチアップはいつみても燃えるね。
なんかキング相手だと、モニとかトクとかも張り切ってるし、見てて楽しい。
それがあったからか知らないが、守備陣は終始安定。
ここ数試合の好調は浄の頑張りが非常に心強い。
サイドの攻守はもちろん、フジが前へ行った穴を埋めてたりと、奮迅。
モニもようやく本調子が近そうだし、今日みたいな相手だとフジも充実している。

c0025217_944850.jpg
c0025217_95059.jpg
c0025217_951147.jpg

涼しくなったからか、後半に入り東京の前線からのプレスは激しさを増す。
高い位置でのボール奪取が増え、それがそのまま幾度となく決定機に直結した。
徳永、赤嶺、福西、リチェーリ。
少なくとも4回はあったな、完全な決定機。
が、決まらない。
チェイシングまでが素晴らしい(特に石川、栗澤!)だけに、ため息もデカイ。
あれだけ頑張って走ったんだから、決めるとこ決めないと疲れも倍増するだろう。
相手がその外しっぷりにつけこんで反攻、ということもない相手だったので助かったが。
まあ、見方を変えれば、開幕以来(迷走したがw)取り組んできた前線からのハイプレッシャーフットボールが実を結びつつあるのかな。
2トップによる追い込み、それにオフェンシブが続き、ボランチが構える。
守り方のベースは出来てると思いたいね。

しかし、相手とともに、gdgdな後半だった。
勝ちという結果さえ得られれば100点だった、とはいえだ。
眠さもマックスになりかけたし、ブーブーいう輩も随分と増えた、あまり良くない空気を一変させたのが、この男・平山相太の5人抜きゴール!

c0025217_9192893.jpg

来たね~、スーパーゴール。
ヘディングで2人、体でブロックしながら突進して2人、冷静にキーパーをかわしてゴール。
ヘディングだったりパワーだったり、最後は足元あるとこ見せたり、実に相太らしい。
あまりに唐突で、あまりにインパクトがでかかったから、スタジアムはしばらく騒然。
やっぱり持ってるな、相太。
あんなの毎回は出来ないだろうけど、彼も、それこそ一時期の赤嶺並みに出たら結果出す状態を維持してきている。
プレスが機能しているからチョイスとしてはオプションなんだろうけど、攻撃陣のアクセント不足を考えると、平山・赤嶺をトップで使って、ルーコン中盤ってのもアリなんじゃないかな。

c0025217_9234884.jpg
c0025217_924131.jpg

とにもかくにも、勝ててよかった。
いや、勝たなきゃいけなかったんだけどね。
広島、神戸って内容ありの勝ち方をしてきてたが、正直今日みたいな勝ちで全然OK。
事態はそういうフェーズに入っていたと思う。
当たり前だが楽観視はまだまだ、とてもじゃないけどできない。
ましてやこの試合に限っては、離脱者の穴がそうそう埋まらない事実を再確認。
この先、キツイ戦いが続きそうだが、必死に喰らいつくしかない。
まずは残留を決めること。
それまでは内容<結果で、行くしかない。
今月残りは清水、千葉と好調な相手との対戦が続く。
スリリングな日々が楽しめそうだぜ。


※国立のもつ煮なんてものを始めて食べたが、見た目そのままな濃さが、まあいける
c0025217_9282275.jpg

by blue-red-cherry | 2007-09-16 09:29 | FC東京
<< サブウェイ 4 アルゼンチン×日本 FIFA... >>