つけ麺屋やすべえ 渋谷店

三連休の中日に、半オフィシャルな用事でギロッポンヒルズへ。
12時集合という、土曜明けにしては早め、中途半端な時間だったため何も食わずに臨んだところ、解放される17時前後まで食わず飲まず。
寝不足と相俟って、不思議な感覚だったが腹は減り、ヒルズto渋谷駅のバスでうつらうつらしながら外を眺めてると、「やすべえ」の行列がない。
平日仕事帰りに恵比寿から渋谷まで歩くことも多いが、いつ何時、列を見かけないことがなかっただけに、極度の空腹もありつつ、即決。
渋谷は実に久しぶりな「やすべえ」で、当日1発目の食事を済ませた。

c0025217_34503.jpg
c0025217_35163.jpg
c0025217_351253.jpg

ノーマルなつけ麺に味玉トッピング、量は中盛にした。
Wスープながら魚介のパンチは弱め、動物性の脂からくる甘い旨味がメインの味。
魚介のパンチこそないが、食し易く、わかりやすい旨味が堪能できる。
これが万人受けする所以かな。
中太麺も表面つるつる中身もっちりで、これは食べ応えがある。
魚介が物足りない向きには、カウンターに備え付けの鰹節が入れ放題で、解決する。
また、玉ねぎの入れ放題も健在で、中盤戦のアクセントに。
値段、量、サービスと考えて、コストパフォーマンスはいい方だろう。

食べてて思ったが、つけ麺=量、という考えの善し悪しはどうだろうね。
確かに量なかったら物足りないが、量ありすぎると絶対飽きるだろう。
「つじ田」みたいなひつまぶし的展開は、量を売りにするなら必要になるんじゃない?
それに冷や盛だと、つけ汁を中途半端にぬるくしてしまう。
あつ盛にしたって、薄めるのはやむを得ないところ。
スープ割で挽回できるかもしれないが、食べ方の工夫も必要なのかもしれない。
by blue-red-cherry | 2007-09-17 03:11 |
<< 富士サファリパーク サブウェイ 4 >>