ジェフユナイテッド市原千葉×FC東京 J1第27節

c0025217_8324650.jpg

降りしきる雨の中、中位争いへの浮上か、残留争いの恐怖に再び苛まれるか、4連勝同士の戦いというよりも大きな意味があった、アウェー千葉戦
痛いところを突かれた、という思いと、単純に走り負けた、競り負けた、という思いがある。

c0025217_8353792.jpg
c0025217_8354952.jpg
c0025217_8361100.jpg

巻・新井の2トップは思いの外、強力だった。
巻のポストと高さは厄介で、案の定フジとのミスマッチを狙ってきたし、強かった。
それ以上に厄介だったのが新井。
楔に入ったら入ったで、巻のそれとは違うものの捌きは落ち着いており、それよりも裏への抜け出しだったり、動き出しの精度が非常に高く、良かったときの大黒を彷彿とさせた。
後半彼を下げた相手の采配が東京の猛攻を助長したのはいうまでもない。
1点目のシュートは実に見事だったし、3点目のPKに繋がるプレーに代表されるように、東京が押し込む展開ながらも、その存在は終始脅威になっていた。

しかし新井が優れていたからしょうがなかったかといえば、そうでもなさそうだ。
1点目、ずるずる下がりながらシュートコースを防げず、華麗に決められた場面。
あれ、あの日も雨がすごかったが、川崎での大虐殺を思い出した。
結局あの場面は、モニと新井、フジと工藤がそれぞれ1対1で、勝負に出られない状況。
相手ボールだったことを考えれば数的不利といっても仕方がない、あの状況を作り出してしまったことにこそ、問題があると思う。
前半しんどかったのは、個人的には驚くほど良くなく見えた、今野の出来が大きいと思う。
確かに福西とのバランスを考えての慎重なプレーなんだろうけど、チェイスしない、奪いにいかない、ボールもっても横パス捌くだけ、何より足が止まってる場面が多かった。
後半反撃の狼煙をあげたのも今ちゃんだし、時間稼ぎのボールキープから奪いまくったのも今ちゃんだが、あそこまで良くない彼を見たのはいつ以来だっただろうか。
要所要所で動いてくる(全体の運動量も上がってる)福西の印象のほうが残っている。
千葉の選手が全員動きまくってたのと、球際が異常に激しかったこともあり、お互いのバイタルエリア、というよりはその前でのルーズボールの拾い合いに敗れたのが効いた。

今野の低調が目立ったが、全体的に攻守の切り替えが遅すぎる。
それに球際の激しさも、相手の強さに対して構えてしまってた感じ。
前半東京がアドバンテージを保てたのは石川のところだけ。
彼が一騎当千、何回かトライするものの、クロスやシュートの精度があと一歩というところ、さらには周りのサポートもいまひとつではいたしかたなし。
中央もそうだが、懸念された水野のサイドもやられ放題だった。
守る意識こそあっただろうが、サイドの攻防に関しては押し込んで蓋をする、という考え方のがいいときもある(というかそっちのほうが好き)。
攻撃に関しても、トップ下不在の今、ボランチとサイドはいつもより2トップのフォローを念頭に置いて動かなければならない。
昨日みたいにルーコンと赤嶺、きっちり守られて攻め手がなくなるようじゃ、辛い。
相手の激しさの前に受身になり、良いときの運動量がまったく振るわなかった印象の前半。

c0025217_8552460.jpg
c0025217_8553771.jpg
c0025217_8554784.jpg
c0025217_855571.jpg
c0025217_856711.jpg

前半に1点返すことこそ叶わなかったものの、昨年の再現を期待した後半。
頭っから追撃ムード全開で、赤嶺・ルーコンのチェイスにテンション上がる。
石川は悪くなかったと思うが、リチェーリとノリオの投入で火に油を注ぐ。
昨日のリチェはかなり良いリチェで、右から中央へ切り込みまくる。
自力でこじ開けた2度の決定機、あそこが入るようになるとスーパーなんだが。
あのスピードと突破力は魅力だなあ、やっぱり。
エメルソン、ジュニーニョタイプの片鱗を感じさせる。
一方のノリオは、突破こそなかったものの久々に左足が轟音をあげていた。
完全復活近しの印象。
チーム事情でサイドバックに回ってしまったのは残念だったが、いつでもいけそう。
むしろ今日みたいにサイドを起点にするチームとの対戦であれば、前半からノリオかリチェでガンガン攻めまくって水野をふさいだ方が良かったのかもしれない。

前述の新井引っ込め采配もあったのと、平山登場でさらにイケイケ。
今年の収穫といってもいいのはパワープレーが脅威に成り得ていること。
単純に平山・福西、と高さと強さを兼ね備えた選手の加入っていうのが大きいが、そこを使ったあとの狙いに関しても両ウイングやボランチ含め、雪崩をかけられている。
あと2回チャンスがあったら、1点は取れてたかもしれない。

しかしすべてが遅すぎる。
最後まであきらめずによく戦ったとは思うが。
前半を様子見して後半勝負をかける、というのはある手段だが、そうではないだろう。
仮に後半勝負を狙っていたとしても、前半で2失点するチームがとる戦い方ではない。
尻に火がつかなければやらない、というのはどうなんだ?といいつづけて2、3年。
いくつかの収穫こそあれど、今年もまた前進できてないことを痛感した。
そもそも終盤戦の台風の目、なんて注目され方、全然嬉しくないよ。

c0025217_97426.jpg
c0025217_975446.jpg

連勝なんていつかは止まるもの。
まったく光明のない試合だったかといえばそうではないと思うので、下を向く必要はない。
というか、ガッカリションボリしてる暇はない。
今節は中位・下位陣が踏ん張り、残留争いのラインが高くなってきている。
マリノス、名古屋、川崎と続くこの先の相手は決して楽観視できない。
この期に及んで固定化できてないことに大きな問題を感じるが、石川・リチェ・ノリオとタイプは違う中で好調を維持している選手が並ぶ。
また、ルーコンにどうもキレが見られないところ、平山と赤嶺で行くのも悪くないのでは?
とにかくまだあと2つか3つ、内容よりも勝ち点3。
さあ、残り7試合。


※雨の中、開門1時間前に到着し、念願のサマナラゲット!
  さらにタッパー持参で臨んだ喜作のソーセージ盛りは20本弱!!
  食いすぎ&久々のG裏立ちっぱなしが、今朝も尾を引いてるわ……
c0025217_9153016.jpg
c0025217_9154368.jpg

by blue-red-cherry | 2007-10-01 08:35 | FC東京
<< 味噌らーめん南部 鶏ささみの梅肉和えスパゲティ >>