FC東京×横浜Fマリノス J1第28節

c0025217_762123.jpg

連敗しない。
言うは易し、行うは難しの一大テーマに臨んだ東京、快心の勝利じゃないかな。
今季4度目の対戦、同じく味スタでの悔しい敗戦のリベンジを果たしたホーム・マリノス戦
バクスタ族にとっては直射日光がかなりの難敵だったが、それも今思えば心地よい。

c0025217_792890.jpg
c0025217_794052.jpg
c0025217_794868.jpg
c0025217_7101768.jpg

いくつか決定機を作りあい、逃した形の前半だったが基本的には東京のゲーム。
勝負の分かれ目になりそうなポイントで、機先を制すことに成功できた。
まずは両サイド。
ノリオとリチェの先発起用は、前節後半の勢いそのまま、思い切った策が功を奏す。
向こうは守備を意識してか那須を右SBに持ってきており、端から受身の姿勢だったが、充実振りが光った浄とノリオが左で何度もチャンスを作ったかと思えば、伊野波の控えめな後方支援に応える形で、リチェは単騎一千、マリノスの左サイドを蹂躙する。
ただ縦に行くだけではなく、絞る動き、逆サイ時につめてたりと、2人ともサボらない。
攻撃は最大の防御なり、を地でいくサイドの戦いにピッチもスタンドも気分上々。
状態のいい選手を使う、という作戦がズバリハマった。
いい時は押し込んで制する迫力があるよ、東京の両翼には。

そしてセンターの争い。
昨日は意識的だったか、ルーコンが下がり目で、赤嶺と縦の2トップを形成。
この形になるとバイタルに運動量豊富なルーコンが入ることによって、攻撃時は福西以外のワンクッション、預け先・展開役ができ、守備時では穴がなくなる。
攻撃面ではリズムを作る程度であまり目立った活躍は見せられなかったが、ルーコンの牽制があったからこそ、今野の山瀬(兄)封じが実現した。
これは大きな功績だ。
マリノスに負けるときは必ず、山瀬(兄)にやられてるといっても過言ではない。
さらに福西が最近、守備でもかなりシャープだと思う。
今ちゃんとの役割分担が落ち着いてきたかな?

それと、塩田を中心にした守備陣。
特に塩田がかなり安定し、力強さがでてきた。
ハイボールの処理では数回、かなりハイレベルなプレーを見せたし、決定機も防いだ。
昨日に限ってはww、キックの精度も悪くない。
あと、モニが戻ってきた。
スピード・パワーともに大島を圧倒。
完全復活、と言ってもいいかも。

連敗しない、という気概が随所に感じられ、局面で優位に立てた展開だった。

c0025217_7291180.jpg
c0025217_7292424.jpg
c0025217_7293229.jpg
c0025217_7294138.jpg
c0025217_7295245.jpg
c0025217_730322.jpg

モニがつり出され、あ、危ないっと思ってたらスイスイとやられた先制弾。
時間帯も早かったが、選手もファンも、誰も下を向かなかったね。
ここからすごかったのが、ヒロミ采配。
打つ手打つ手がドンズバでハマる。
前半からキレキレだった両翼のスイッチに交代枠3枚、すべて大当たりだ。

後半から田中隼を入れサイドで起点を作り始めてたマリノス右サイドに、超キレキレのリチェで押し込み、これは攻守両面で大きな効果を。
前半にも増してサイドで優位にたったところでアドバンテージを生かすべく平山投入。
同点弾は彼でしかなしえない豪快なヘッダーだった。
リチェのふんわりクロスに対し、相手の遥か上空からの一撃を見舞った。
ルーコンの大きな展開をダイレクトボレーで繋いだ場面にしても、試合終了に向けた焦れる時間帯を盛り上げた平山キープ大作戦にしても、かなりノってるね。

決勝点、殊勲のゴールの石川。
前節失点の起点にこそなってしまったが、その攻撃性は好調を保ってきてたし、喉から手が出るほどほしかったであろうゴールに、こっちまでグっときた。
試合後のお立ち台での、怪我人への配慮、バクスタ・メインも巻き込んでのシャー。
うーん、いい男はやること違うねえ。

福西→浅利の交代も地味に効いてたんだよなあ。
わかりやすい感じで今ちゃんが伸び伸び動き回る。
2トップに両翼、さらに今ちゃんという形ができたので、あらゆる場面で優位にたてた。

切るカード切るカードが理に適い、そして選手が期待通りのパフォーマンスで応えた。
見てるほうもやってるほうも、快心の出来だったと思う。

c0025217_740388.jpg
c0025217_7401471.jpg
c0025217_7402412.jpg

いい流れできてたところを千葉に走り負け、ここで勝つか負けるか、チーム力が試された1戦で見事に結果を出した。
チームの記念すべき100勝は苦しんだ今季、一番の試合だったと、個人的には思う。
赤嶺・ルーコン・平山が割拠する前線。
石川・栗澤・ノリオ・リチェ、梶山とユウタの不在を埋めるオフェンシブハーフ。
後ろのほうの替えがきかないのが一抹の不安だが、チームとしての充実が感じられる。
石川は完全に忘れてたみたいだがww、このまま精度を高めてひとつでも上の順位を目指し、来季につながる何かを得るために、天皇杯も勝ち進んでいくべし。
残留確定まであと1つかな、2つかな?
バモス!

c0025217_7444745.jpg

by blue-red-cherry | 2007-10-07 07:44 | FC東京
<< 松坂牛肉焼 つる屋 おはち 恵比寿駅前店 >>