FC東京U-18×川崎フロンターレU-18 Jユースサハラカップ予選リーグ

c0025217_955424.jpg

土曜日に続き、2日連続の等々力競技場。
昨日は人様の試合ではなく、我らがFC東京の未来、U-18が臨んだ多摩川子ラシコ
ユースの公式戦を見るのは初めてだったけど、なかなか興味深かった。

c0025217_96797.jpg
c0025217_961835.jpg
c0025217_963346.jpg
c0025217_964447.jpg
c0025217_965630.jpg

まず思ったのは、戦術の熟練度と体の成長のバランスの悪さ。
チームとしての戦術は両チームともに浸透しているようすで、とにかくプレスが速い。
しかしそのプレスの速さに対し、受けとめる体が出来ていない。
ゆえにフォワードや中盤の選手は前を向けず、潰される場面が目立った。
チームとして勝っていくためには至極当然だし(プレス)、この程度で跳ね返せないようではトップでは厳しい、ということなんだろうけど、もう少し伸び伸びやれないのかなあ、という印象。

久々に見た倉さんサッカーはやはり、東京のサッカー。
前述のプレスに加え、サイド攻撃はトップを彷彿とさせる。
むしろサイドバックと前との絡みはトップよりよかったんじゃないかな。
この部分の徹底したやり方という面で、川崎より一日の長があった感じ。
右SB、2番の田中くん、小粒ながらピリリと辛いを地で行くプレー振りが光った。
右からの崩しを繰り返し、結果奪った先制点もサイドからファーへのクロスを逆サイドネットへ押し込んだ見事なヘッダー。
アネルカ、つか平山パフォも飛び出すノリで、若い子たちを肴にビールも進む。

c0025217_9154731.jpg
c0025217_9155832.jpg
c0025217_916975.jpg
c0025217_9162032.jpg
c0025217_9162968.jpg
c0025217_9163795.jpg

東京は4バックが非常に安定していた。
来季、トップへの昇格が決まっている椋原くんは的確なカバーリングが目立つ。
強さを見せてた4番のCB、畑尾くんもよかったけどなあ。
なんつうか、昇格させるかどうかの判断ってすごくシビアで難しいんだろうな。

同じく昇格組、ナンバー10の大竹くんはその才能の片鱗を見せてくれた。
左足一本、ガンガン前へ前へと突破するドリブルは、メッシだな。
左足一本ですべてをこなすテクニック、2、3人のマーカーならつっかけていくチャレンジ精神とそれを実現するスピード、プレスが若干弱まった後半はキレキレだった。
その武器を磨きつづけ、近い将来、東京のメッシになってほしいっす。

あと、途中交代で入ったフォワードの米田くん。
背番号24がそうさせたか、泥臭いキープ、体を張った飛び出し、まさに小・赤嶺。
気持ちの入ったプレーぶりがかなり好感が持てた。
トップ昇格ではないみたいだけど、彼の進路はどうなんだろう。

c0025217_9231489.jpg

ユースはユースの楽しみがあるね。
たぶん年間通じて追ってみると選手の成長、チームの成長が見れて楽しいんだろう。
昇格の喜びと、別れとも味わえて……。

未来はこうやって着実に作られていくんだなあ。
またさらに、東京のことが好きになりました。
by blue-red-cherry | 2007-10-15 09:25 | FC東京
<< イカ納豆のしょうが醤油スパゲティ 川崎フロンターレ×横浜Fマリノ... >>