名古屋グランパスエイト×FC東京 J1第29節

c0025217_17613.jpg

J1もこの試合を入れて残り6試合。
最近は大きく勝ち越しているからか、時が経つのが早い。
新潟と甲府に行くことを決めてるので自粛した、豊スタでの名古屋戦
エースの1点を守りきり、ホームでヨンセンにやられたのをきっちり返せたのが嬉しい!

c0025217_195034.jpg

footnikにて、チキン&チップスを頬張りながら前半ギネス、後半エビスといつものを。
いつやられてもおかしくない苦しい展開になんどかこぼしそうになったが、結果としては勝利の美酒となったわけだ。

今日いちばんの驚きにして、いちばんの活躍だったのが今ちゃんだ。
オシムに「オレの持ち味、これっス」とでもいわんばかりにボール奪取の妙技を見せる。
後半、浅利とのコンビで躍動したのはいつものこと。
しかし、前半福西を真ん中に置き、前線にサイドに猛烈にプレスをかける今ちゃん。
ここ数試合は福西に気を使ってか、アンカー的にバランス重視だった(というか福西に攻撃を任せ守備専)ので非常に驚いた。
福西が途中退場したためその真価はまだわからないが、福西とのコンビの状態で、あの獅子奮迅、今ちゃんの持ち味が発揮できるようになるとこれは大きな武器になる。
相手がどうこうというのはさておき、すさまじいディフェンス力だった。
プレスをかけられた相手は奪われるか、バックパスが関の山。
インターセプトの数も多く、突然の充実ぶりに正直驚いた。
挙句、決勝点のアシストまで。
展開力やミドルではなく、低い位置から飛び出していくのが今野の持ち味。
まあよく考えれば、彼はあれくらいやれる選手なんだけどね。
とにかく、久しぶりの鬼っぷりだったことは確かだ。

塩田がネ申化してきたのう。
ヨンセンのヘッドを左手一本で止めたのもすごかったが、中村直のセンタリングがモニに当たって変化したのを、一度前目に飛んだ体をひねってセーブしたのがすごかった。
ハイボールにも安定して対処するし、これはいよいよホンモノか。

モニ・フジも頑張った。
スピード系をあてがわれた浄の左サイド、本田圭と金が精力的だった徳永の右サイド、両サイドがやや押し込まれ気味だったが、最後の最後に体を張った。
相手が狙ってきたか、ヨンセンとのマッチアップはフジの仕事だったが、きちんと体を当て、競り負けてもいい形にはさせなかったし、足元は常に狙ってた。
その一方でヨンセンの叩いた先は、モニがきっちり押さえ込んだ。
余裕なさすぎなのは残り5試合、気になるが、今の調子なら大崩れすることはなさそう。

調子を落とし気味に見えたルーコンにゴールが生まれたのは嬉しい。
赤嶺とのコンビネーションは悪くないが、いまいちフィニッシュに絡めてなかったルーコン。
今日はいつにもまして運動量も多く、攻守に渡って動き回ることでリズムを掴んでた。
やはり赤嶺が前線であそこまで体を張ってくれるとルーコンの負担がだいぶ減る。
最近は潰れ役としての負荷がかなり重そうで心配だが、赤嶺は評価されるべきだ。

リチェはもうちょい、技術もスピードもパワーもあとワンランクあがるとエメ・ジュニクラス。
守備に走る献身さは先駆者たちにはないし、愛すべきスターへ育ちつづけて欲しい。
攻撃面の貢献度こそ目立たなかったものの、守備時も脚力を活かし、よく走った。
逆サイドのノリオが行き詰まってる感じ。
中へ入ったり、動きの幅が多いことはいいんだが、肝心の縦への突破がほとんど見られないし、シュートシーンもふかしたまくったフリーキックをのぞけば1本と寂しい。
フリーでボールをもらう動き、そこからの縦への突破、シュートと、連続ゴールを記録していたころを思い出し、もう一度シンプルにやることが必要な気がする。
平山も良さそうだし、ルーコンの調子・運動量が戻ってきている以上、平山・赤嶺でルーコンがMFってパターンも考えられるし、ひとつこの壁は乗り越えるべき壁かな。
リチェにしてもノリオにしても、サイドバックとの絡みがなすぎ。
これはSBが押されこんでた、というのも起因してるとは思うが、決勝点の場面でもオーバーラップした浄から、おとりのノリオを使った今ちゃんが抜け出す、という形。
4バックでサイドアタッカーを置いている、サイド2弾攻撃の強みを生かすべきだろう。

それにしても苦しい試合をよく乗り切った。
30分以上守ったんだから素直に拍手だ。
石川、平山という交代カードは、あわよくば2点目、決して守りに入りすぎるなというメッセージとして機能していたと思う。
ここにきての7戦、6勝1敗ってのは勢いプラスアルファがあるんじゃないかな。
勝てる力がホンモノなのかどうか、残り5試合。
次はフロンターレとのクラシコだよ。
実力を測るには十分すぎる相手だ。
各チーム来季の話も出てきだしたが、まだ今シーズンは終わっちゃいない。
このペースで勝ちつづければ、わずか5差の柏を抜ける、つまり5位くらいまではいける可能性が残されているってこった。
帳尻あわせもそこまでくれば立派だろ。

まだまだ、お楽しみはこれからだ。
by blue-red-cherry | 2007-10-22 01:37 | FC東京
<< えびす飯店 寄せ鍋 >>