RISO CANOVIETTA

c0025217_2253981.jpg

25日にオープンする、東京駅の所謂“エキナカ”商業施設「グランスタ」の内覧会招待状を入手し、一足早くのぞいてきた。
ただの殺風景な連絡通路だったと記憶している。
修学旅行生の待ち合わせメッカらしい、銀の鈴周辺を囲い込むように、イートインのこじんまりとしたレストラン、和洋中とそろえたデリ、これまた和洋混在のスイーツからお酒まで、食に関するほとんどのことがまかなえる充実振り。
内覧会にも関わらずかなりの混雑で、注目度の高さがうかがえた。

東京と京都に店を構える有名イタリアンレストラン「カノビアーノ」が、リゾットオンリーの新業態で出店した「RISO CANOVIETTA」
どうせオープンしたら大行列だろうから、役得を120%利用して食べてきた。

c0025217_230125.jpg

メニュー名を忘れたが、イカとカラスミとなんとかのリゾット。
一皿1400円はこの店の標準価格で、決して安くはないよね。
でも、その価値は十分ある。
このレベルなら当然なんだろうけど、米が非常に活き活きしている。
もちろんべちゃっとしてるなんてことはないし、固すぎない中で芯のしっかりした食べ応え。
薄口のクリームテイストな味付けに、カラスミの塩辛さがベストマッチ。
海老も入ってたっけな。
チャーハンでいえばパラパラに炒められ、かつしっかり味があるやつ。
つまり最上級のリゾットってこった。
オススメしてるトマトソースをはじめ、ラグーソースのリゾットやら、10種くらいはあった。

ミッドタウンに丸ビル、マロニエゲートとか、続々オープンする東京の新名所にまたひとつ、新しい顔が加わった。
これだけの充実した華やかなラインナップが楽しめる“エキナカ”施設はそうそうない。
新幹線出張のときはぜひぜひ、利用したい。
by blue-red-cherry | 2007-10-24 02:38 |
<< スモークサーモンとしいたけのガ... もったいないお化けが出る前に、... >>