豚バラ肉のねぎま風鍋

諸事情で先週は難しいかと思われたが、何とかありつけた、週末の鍋。
今回はココを参照した。
鍋シーズンなので、どこも美味しそうな鍋レシピを公開しとりますなあ。
脂身たっぷり、肉厚の豚バラにノックアウトな激ウマ鍋です。

c0025217_1043492.jpg
c0025217_1044053.jpg
c0025217_10441235.jpg
c0025217_10442724.jpg

割り下にも似た汁は、醤油、みりん、酒、水を昆布だしをベースに、火にかけるところから豚バラとネギを大量に入れて、一緒に沸騰させる。
太目のネギに、肉厚の豚バラ。
さながらマグロや焼き鳥のねぎまを髣髴とさせる出来栄えだ。
沸騰してから弱火で20分くらい煮る。
香りがかなり漂い、早く食べたくなること請け合いだが、そこをグっとこらえるのが大事。
ベースこそかなりオーソドックスな調味料だが、ここに豚バラとネギを煮込んだからこそ染み出す、それぞれの旨味エキスがあふれ出て、具そのものへの染み込み具合、汁の味、ともにかなり甘味と旨味に溢れた深い味わいが得られるのだ。
豚バラがまた、柔らかい!
ブロック肉を買ってきて、好みの大きさに切り分けるところからして、肉好きにはたまらん。
そこそこの肉厚を残して切るので、良い包丁でもない限りそのときは苦戦するが、あれま、食べるときはこんなに柔らかいのね、とプチ感動。

c0025217_10501456.jpg
c0025217_10502968.jpg

締めは今回もうどん。
これもすき焼きの締めでうどん食べる感じと味、見た目ともに似てるね。
鍋の締めはなんにせよ、そこまでの経過のすべてが詰まってるから美味い。

ちょっとずつ、でも確実に冬が近づいてきてる。
鍋は栄養もとれてホントにいいね。
野菜をはじめ、食材の値上げだけはなんとかならんかのう。
by blue-red-cherry | 2007-11-06 10:49 |
<< 街風 クローズZERO >>