クリスピー・クリーム・ドーナツ

念願はあっけなく叶ったりする。
金曜、風邪にやられながら外回りの仕事を終え会社にたどり着くと、隣の席の先輩がなにやらにやにやとオレを見てるので何かと思ったら「Sさんが君にお土産買ってきてくれたよ」と。
なんとまあ気が効く人がいるもんだ。
何もない日に、ただ近くで仕事があったからというだけで、「クリスピー・クリーム・ドーナツ」を人数分買ってきてくれたのよ。
いつか行こうと思いながら、サザンテラスの列を見ては諦めて、いつになることかと思ってたがこんな形でめぐり合えるとは。

c0025217_14564121.jpg

1930年代から続くという、オリジナル・グレーズド。
エアリーとでも言うのか、中はモチっとしつつも空気を噛むかのような柔らかさ。
パン食ってて、口の中で溶けるってのはそうそう味わったことがない。
全面を覆う砂糖のコーティングも、ベタ~なアメリカン、ホーマーが好きそうなベッタベタになるほどではないが、満足できるだけの量がある。
サイズといい、日本人向けな気がする。

美味い。
確かに人気が出るのも頷けるわ。
お子ちゃまなオレはレインボースプリンクルが乗ってるやつ、食べたいんだよなー。
寒くなくなったら、並ぼう。
by blue-red-cherry | 2007-11-23 15:07 |
<< 黒毛和牛もつ鍋 懐炉 ウェンディーズ >>