ヴァンフォーレ甲府×FC東京 J1第34節

c0025217_835536.jpg
c0025217_836111.jpg

07年シーズンもいよいよクライマックス。
優勝争いで劇的な展開があったようだが、ここ甲府では抜けるような快晴の空の下、ピッチをワイドに使ったウイングサッカーと、流れるようなパスサッカーによる、空同様の気持ちいいサッカーが繰り広げられた……はずだった12位と17位の最終戦
原さんと大木さん。
彼らが目指したサッカーは、今後の両青赤に、どのような意味を持つんだろうか。

c0025217_8362682.jpg
c0025217_836352.jpg
c0025217_836444.jpg
c0025217_8365741.jpg
c0025217_837673.jpg

待望の今野・梶山のダブルボランチが戻ってきたというのに、東京はひどい出来だった。
中盤を優位にしたい甲府を避けてのロングボール作戦っていうのはあったと思うが、前半から東京の攻撃は、収まりの悪いルーカスか、動き回る石川か、しかない。
せっかくユウタ(すぐに下がったが)、梶山がいるのに、そこを使わないのは解せない。
というかもったいない。
今野・梶山で噛み合ってユウタも動けてたんだからがっぷりよつ、中盤で戦ってほしかった。

対する甲府は大木サッカーの象徴であるパスサッカーを今日も、見せてくれた。
ワントップのシャドーの動きとして、茂原は秀逸だったなー。
トップの羽地が典型的なポストプレーヤーだったこともあるが、どっかの鈴木ノみたいにサイドに開きっぱなしなはずはなく、裏へ抜けるわ、突破はあるわで効きまくり。
茂原を筆頭に甲府の選手はグラウンダーのパスが、スピードも精度も高い高い。
さらにはワンタッチも絶妙で、この妙技をこの距離で見れる小瀬劇場、楽しいわけだ。
今日の試合に見られるように、それでいて勝ちきれないところが降格の原因であり、それの連続は楽しいサッカーと同時に、多くのストレスを生んでたんだろうと想像すると、切ない。

c0025217_8373031.jpg
c0025217_837436.jpg

しかし、この日の小瀬劇場、主役は塩田だ。
大宮戦での勇姿に、このインタビューもあってもう、一生ついてくぜ状態で応援しようと思ってたんだが、完全にネ申だった。
まず最高の抜け出しで茂原と1対1になった場面。
相手との間合いの詰め方、そしてボールをピンポイントで抑えた動き。
感動した。
これをきっかけに、小気味よいパス回しと効果的なサイドチェンジでやられたい放題だったサイド攻撃、ピンポイントであわされたヘッダーをいくつも跳ね返す。
ピッチが身近な小瀬、塩田の声は響き渡っていた。
オレには両ゴール裏のチャントより聞こえていた。
塩田、抱いてくれ!なんて声援も飛んでたが、悪くないww

c0025217_8381374.jpg
c0025217_8382156.jpg
c0025217_8382927.jpg
c0025217_8383794.jpg
c0025217_8384677.jpg
c0025217_8385525.jpg
c0025217_839380.jpg
c0025217_8391123.jpg

今日もバラバラだったなー、東京。
甲府の組織だったサッカーが相手だっただけに、なおさら目立った感はある。
石川と信男さんの鬼気迫る走りっぷりは大いに盛り上げてくれたが、単発。
ああいう動きにチーム全体が呼応して、勝ちのムードが生まれると思うんだけどな。
ノリオの不信は深刻だ。
チームのやり方に問題はあったと思うが、梶山も空回り。
ほぼベストに近い布陣だったにも関わらず、シーズン最終盤にも関わらず、チグハグ。
人事のこととか、いろんなことが影響しちゃってるんだろうか。
このネガティブな状況を反動に戦ってほしいいんだが、不安が募る。

c0025217_8392684.jpg

裏を返せば、ここまで内容が悪い中で勝ち取った勝ち点3。
14勝3分17敗、49得点58失点で得失点差は-9。
引き分けられない、踏ん張れないチームが(塩田が)意地を見せた、と受け取りたい。
リーグの振り返りは、今シーズンの総括は、天皇杯が終わってからでも遅くない。
今はこのチームで頂点を目指すしかない。
逆に、何度も言うが、このチームで戦えるのは最大であと4試合。
ネガってるヒマはないのだ。

いざ、丸亀へ!
by blue-red-cherry | 2007-12-02 11:52 | FC東京
<< バーミヤン 小作 甲府駅前店 >>