ソーセージとじゃがいものソテー

通称ジャーマン炒め。
ソテーというより炒めてたら崩れまくって、なんと表現していいのかわからん出来。

c0025217_22343100.jpg

麺類ばかりの生活を脱却しようと、相変わらずのてっぺん前後の帰宅ながら、米を炊き、おかずを作ってみることにする。
その割に、第1回から米との相性を無視したメニュー。
じゃがいもを茹でて皮をむく。
フライパンでは先に、ソーセージと玉ねぎを炒め、塩コショウで味付け。
そこにじゃがいもを薄切りにして投入。
ここからはダイナミックに、炒めてる最中にマヨネーズを大量にぶっ掛ける。
わけのわからなくなってきたところにとろけるチーズも乗っける。
チーズがとろけたところを上手く扱い、お皿に盛れば完成だ。
味のメインはマヨネーズになるので若干大味だが、相性はいい。
とろけたチーズの味も、淡白なじゃがいものソース的役割を果たす。

料理と呼ぶにはあまりにも大雑把というか、豪快。
これと納豆ご飯を食べるミスマッチがまた、いいんだか、悪いんだか。
by blue-red-cherry | 2007-12-12 02:28 |
<< とんこつらぁ麺 CHABUTO... セパハン×浦和レッズ FIFA... >>