FC東京×サンフレッチェ広島 天皇杯準々決勝

c0025217_1583713.jpg

糸冬単戈。
奇しくも07シーズン開幕戦の相手に幕引きされた、広島戦

現地に行かれた方は激しく乙です。
ここ数年、天皇杯の最後は必ず現地で見てたので、変な気持ちだった。
最後の戦いを目の前で見届けられずに、原トーキョーはテレビで見納めか。
変な気持ちといえば、雑誌もテレビも、サッカー界は締めに入ってたのに天皇杯この時期まで残ってると、まだ終わってないからすごく違和感感じた。
まあ、それも終わってしまったんだが。

すでに監督続投が決まっている広島のように、来季に繋がる戦い、ということはない。
監督もやり方も、選手もかなり様変わりしそうだから、継続するものはない。
サポートとオフザボールの動きがまったくないこのチームはむしろ、解体されるべくして解体されるのであって、そこに未練も哀しみもない。
サイドに2枚置いてる布陣を敷きながら両サイドを制圧され、チームのスタイルとして掲げた前線からのハイプレスはことごとくいなされ、ピンポイントで効率よくやられた前半。
これがこのチームの実力だと思う。

後半の怒涛の攻め、確かに迫力があった。
サイドバックで使われてあれだけ前がかりになったノリオを見たのは初めてだ。
徳永も代表合宿効果か、かなり馬力を発揮していた。
今野も前線で動き回り、梶山も積極的だった以上、守りはフジ・モニ・サリの3枚だけ。
一度カウンターで刺されそうになったが、フジのクレバーな守りが最後まで効いてた。
平山に、ルーカスに、めがけたボールは行くんだが、精度が低い。
確かに怒涛の攻めで迫力はあったが、連動性皆無、工夫なしでは埒あかない。
この手詰まり感は、指揮官いわく「今年を象徴」、その通りだと思った。

ここまで来たら、その一心で元旦決勝を期待したが、叶わなかった。
実力でいえば、今のチームが頂点に立てないのはわかっていたが、悔しい。
そしてこのチームはもう、見ることができないんだなあ。
アイツもアイツもアイツも、いなくなるのかもしれない。
この冬は、別れの冬として忘れられない冬になりそうだ。
でも一方で、ゼロリセットが必要だったチームにようやくメスが入る。
新たなる船出は厳しいものかもしれないが、期待せずにはいられない。

ひとまず、原さん、選手・スタッフ、応援者のみなさん、1年間お疲れ様でした。
by blue-red-cherry | 2007-12-24 15:26 | FC東京
<< 肉ごぼううどん Number 694号 >>