氷見うどん

富山県のアンテナショップ、いきいき富山館で買ってきたのが氷見うどん。
讃岐、稲庭に続くご当地うどん、そのお味やいかに。

c0025217_1134867.jpg
c0025217_11341923.jpg

オレが買ってきたのは乾麺バージョン。
茹で時間はなんと、中火で20分。
さらに4~5分蒸らして、冷水で締めるという手の込みよう。
せっかくなので美味しく食べたく、従ってみると、茹であがりでビックリ!
ぶっとい!
コシがウリの讃岐でも、これだけの太さはなかなか出会えない。
蒸らして締めて、納豆とだし醤油で生醤油っぽくいただく。
うお、歯応えスゴ!
見た目どおりの分厚い食感はさながら、餅の域だ。
しかしここまでくると、逆に気持ちいい。
うどんを食べてるって感じがして、段々とハマっていくのが分かる。

極太にあう味付けってなんだろう。
あと1人前残してあるので、ベストな食べ方を探してみよう。

※追記
c0025217_15581219.jpg

結局シンプルに、かけうどんにした。
氷見うどん、まったく知らなかったけど、このコシはすごい。
富山に行く機会があればぜひ、本場のを味わってみたいところ。
by blue-red-cherry | 2008-01-05 11:38 |
<< サムギョプサル アイ・アム・レジェンド >>