ツナとねぎの和風アーリオオーリオと生ハムの湯葉巻き

仕事始めの1週間、予想通りヘビー。
体力的にも精神的にも、ハードな時に比べればそこそこな残業時間に収まってるんだが、久々にやってたらオレの仕事ってこれでいいんだっけ?みたいなゾーンに陥ってきて、ヘヴィ。
だけど、関係ないけど腹は減る。
23時前くらいに帰宅して、洗濯機回しながらスパゲティ+もう一品、飽くなき食欲に乾杯。

c0025217_11401271.jpg
c0025217_11402195.jpg
c0025217_11403410.jpg

うどんにハマってたこともあってスパゲティ作るの随分と久しぶり。
しかし体はしっかり覚えてるもんで、にんにく刻んでオリーブオイルを火にかけ始めたら、手際よくツナ缶、ねぎの刻みとパスタの茹でと同時進行がスムースに進んだ。
一方で美味しく食べれる期間中の湯葉、ググって見つけた生ハムとのコンビネーションもパスタを茹で中に作る。
生ハム広げて、湯葉と大葉を刻んだもので包むだけ。
しかしこれだけの作業を同時進行で、ほぼロスなしに完成させたときにはちょっとした感慨めいたものがある。
記念に、ってわけじゃないけど二日ぶりにビールを少々やりながら、食べた。
シンプルなスパゲティは破綻のない仕上がり。
ガーリックオイルに和のエッセンスで醤油をちょびっとかけて広がりが出た。
生ハム湯葉巻きは、濃い目の塩気が魅力の生ハムに湯葉のまろやかさが加わり、間違いなく美味い。
和洋折衷、オレ史上最もオサレな一皿だったかも。

仕事帰りに二皿はなかなか大変だが、気持ちがノればいける。
久々に満足のいく、ディナー。
by blue-red-cherry | 2008-01-09 11:40 |
<< Double or nothing 光麺 恵比寿店 >>