BRING DA NOIZE

段違いのパンチライン、勘違いのカスにゃ感じない。
一語一句がめちゃくちゃ明瞭で、ライムもフロウもこれ以上ないほどストレートに伝わるMC、JBM aka JOKY BIG MONSTERにハマっとります。

c0025217_15424190.jpg

「第三会議室」目当てにスペシャの「BLACK FILE」見てて見つけたこの「My Style」(2曲目は練馬ザファッカーズからD.O、メーン!)に一発でヤラレた。
Long redの「Mountain」バリにドンシャリ鳴り響くドラムブレイクのS.U.Iビーツにまずヤラレたんだけど、その上を分かりやすい言葉で伝わりやすいライムフロウでガッツリSPITしまくるJBMに即ハマった。
この武骨感は久しぶり。
重ねてフィーチャーされてるBrobusのB.Dもまた、武骨感のあるMCだから、破壊力がパネーっす。

c0025217_1542186.jpg

んでしばらくこの曲入れてアルバム出ねーかなあ、なんて思ってたら出ました、JBMのストリートアルバム「BRING DA NOIZE 2nd GAME -EXHIBITION-」
思い立ったが吉日ってやつで見つけ次第カートに入れたんだけど、各地売り切れ出してんじゃん、正解だったな衝動買い。
「My Style」のクソヘビロはもちろんだけど、ほかの曲もアグレッシブでいい!
DAS EFXの「Mic Checka」、ラキムの「Juice」とクラシックビーツをジャックしたストリートアルバムならではの遊びが嬉しかったりするんだけど、B.Dのほか、MikrisKGEと組むBull Dawgsでやってる「Bull Shit」の暗いところを駆け抜けてる感じのマイクリレーがたまらん。
JBMがヘビー級の声で重く畳み掛けるのに対して、流れるようなMikrisのフロウ、挑発的に耳に刺さるKGE、最近じゃあ一番グっときた。
このメンツが絡んでる曲としてはB.DのBrobusのアルバム「Murder Bullets」の中でもハイライトになってる「Iron Crowz Pt.2」「Definition」の2曲もマジでパネーので、チェキられたし。
千葉系のラッパー、勢いあって好きだなあ。

しかしこういう感じのアルバムがストリートレベルで出されてるって、昔になかったいい環境だよな、ヒップホップ的に。
そりゃやってる方は危機感感じまくってやってると思うけど。
だからこそ本気な感じが伝わってきてこっちも感じられるんだと思う。
今の日本語ラップって昔に比べて選択肢がめちゃくちゃあって、ホントに面白いと思う。
誰もがメジャー、メジャーだったバブルが弾けて、表現手段が多様になって、オリジナリティが復権してて。
Keep on movin!プリーズ。
by blue-red-cherry | 2008-01-23 15:50 | 音楽
<< GIANT KILLING 豚バラとじゃがいものトマトチー... >>