新宿中村屋本店 ラコンテ

「あしたの喜多善男」を見てるんだけど、序盤戦で毎回でてきた「新宿中村屋」のカレーがどうしても食べたくなって、行ってきた。
お初は大体その店の王道を攻めるんだが、今回は変化球。
地下フロアから地上5階までさまざまな業態が楽しめる新宿本店の中から、3階のバイキング「ラコンテ」にチャレンジしてみた。

c0025217_1021332.jpg
c0025217_10214579.jpg

選べるカレーは5種。
チキン、野菜、ポーク&野菜、豆、シーフード。
それにドライカレーも選べて、あわせる穀物も白いご飯にターメリックライス、ナンを選べる。
ほかにサラダ、スープ、フルーツとデザートもバイキングで、ソフトドリンクも飲み放題。
これで1500円はかなりのコストパフォーマンス。
早速カレーから攻め、まずはチキンと野菜を1/2づつ。
このチキンカレーがとにかく美味い。
やっぱりいろんなスパイスを感じるのと、じっくり煮込まれているのでドロドロに溶け込んださまざまな野菜や肉のエキスを味わえる。
甘味と辛味に深みとコクが合わさった、5種の中でも確実にナンバー1の味。
野菜は若干酸味がかってて、もちろんこっちには野菜の旨味が充満してる。
茄子やズッキーニなど水分を含んだ野菜にルウが良く合う。
最初の皿はターメリックライスにした。
香りがいい。
一気にいくと詰まりそうだったので、サラダ&スープで小休止などを入れつつ、楽しんでみた。

c0025217_1027080.jpg
c0025217_10271882.jpg
c0025217_10272963.jpg

ここからは怒涛のスパート。
2皿目には豆のカレーと、ポーク&野菜カレー。
豆カレーは野菜に通ずる酸味がかったルウで、いろんな種類の豆がどっさり。
豆の淡白な味わいがまた、食感とともに楽しい。
ポーク&野菜のほうは、煮込まれてて期待の豚肉があまりなかったのが残念だが、チキンに次ぐ、野菜+肉エキスを感じる味わいで美味しい。
ここではナンを試したが、焼きたてのナンがまた、美味い。
表面をバターで焼いた香りと甘味もそうだが、ふんわりもちもちの食感が今までにない感じ。
ドライカレーも具沢山、2皿目にしてかなりの量。
しかし、5種類食べ尽くさないわけにはいかないのと、チキンカレーをどうしても最後に味わいたいという欲求で、白ご飯をベースにチキン&シーフードで締め。
最後にして欲張り、シーフードはイカやらホタテやら、具をどっさり入れてみた。
肉や野菜にはない渋みが出るね、シーフードには。
最初の感動そのまま、チキンがやっぱりいちばん美味い、と納得&満足して最後にフルーツポンチ。
あー、食った食った。

バイキングでこのクオリティー。
評判のインドカリーはさぞかし美味いんだろうなー。
絶対に食べるけど。
by blue-red-cherry | 2008-01-28 10:34 |
<< 豚バラと鶏むね肉と白菜の重ね鍋 ヒロタのシュークリーム >>