サリュー

たまに行くならこんな店、なのかな。
ラーメン、うどん、スパゲティ、定食、中華、オレん中でのプライオリティーは著しく低い、というか縁のないフレンチレストランでランチ。
仕事絡まないとありえないね。
恵比寿は「サリュー」
有閑マダミーたちで賑わう店内に、ズる寸前の腰履きバギーで勇敢に立ち向かってきたぜ、ホミー。

c0025217_11222324.jpg
c0025217_11223330.jpg
c0025217_11224515.jpg

前菜、メイン、デザートに食後のドリンクがついて2500円。
前菜はホタテとベーコンにトリュフで香りとアクセントをつけたコーンポタージュ。
繊細です。
トリュフはかなーり細かく散りばめられてたが、さすがの存在感で香りが強い。
メインは鴨肉のなんちゃらかんちゃらコンフィ。
コンフィは肉をそれ自身の脂で煮てその脂の中で保存するという独特の方法である、らしい。
鴨は蕎麦でしか縁がないが、身が締まってて、かつそれなりに脂身もあり、旨味こそ少ないものの結構好き。
グリルともローストともいえない感じがコンフィなのか、もろもろ閉じ込めた感じ。
ちょっとオレには薄味だったかな。
アップルとシナモンの鉄板コンビのデザートはエライ美味かった。

こういう丁寧な料理に触れると自分の料理がいかに大味なのかがわかる。
それが好きなんですけどね。
たまに行くなら……にしてもフレンチは自分のためには選ばないな、美味しかったけど。
by blue-red-cherry | 2008-01-29 11:22 |
<< トマト豚しゃぶ 厚切りハムとキャベツのオイルス... >>