らーめん山頭火

c0025217_9452329.jpg

リベンジは熱いうちに。
渋谷は明治通りの「山頭火」、数年ぶりに訪問。

c0025217_9455377.jpg
c0025217_946060.jpg

つけ麺とか味噌とかとろみ醤油とか、知らない美味そうなのがいろいろあったが浮気せずに塩+とろ肉=1200円。
ちょっとするが、これ食わないで後悔するよりはマシ。
ネットを見ると、ラーメンブームの先駆けもいまや……的な風潮だったが、全然美味いじゃん。
やっぱり自分の舌で確かめないとな。
透き通り系の塩が多い昨今、クリーミーな塩スープは貴重。
豚骨、野菜、煮干で作られたスープには単純に美味いという感想と、しっかりそれぞれのエキスを複雑に味わえる感覚が同居。
細麺は好きじゃないが、このスープにはきっと細麺が合うんだろう。
そしてとろ肉。
とろ肉の名に相応しいとろけ具合。
脂身と締まった身の部分のバランスもよく、そもそもすべてとろける柔らかさ。
エバーグリーンじゃないか。

スタッフの構成が家族経営っぽくなってて変な感じだったけど、あんな感じだったかな。
縁があればつけ麺なども試したいが、でも、ここは塩+とろ肉で鉄板だよなー。
by blue-red-cherry | 2008-02-06 09:46 | ラーメン
<< 鶏団子とねぎの醤油鍋 Pato Goal >>