中華そば すずらん

先週の金曜に鶏白湯を食べた際にどうしても味噌つけ麺を食べたくなって以来、欲求は収まらず。
粉雪舞う中ではあったが、一度がっつり食わないとこの欲求は収まらないと思ったので一念発起、傘もささずにフードと襟立てたBボーイスタイルで「すずらん」に向かった。

c0025217_9581752.jpg
c0025217_9583338.jpg

この一発でしばらくこないくらいのつもりだったので、味噌角煮つけ麺大盛1250円。
ラーメンの1000円超え2日連続はあまりよろしくないが、仕方ない。
麺種は太麺。
ここのつけ麺は何はともあれ、麺に尽きる。
太麺のクオリティーは、表面の滑らかさと張り、中身のもちもち具合と、啜ったときの喉越し、トータルで讃岐うどんを彷彿とさせる。
この麺のパンチを浴びたいのなら、雪が舞おうがあつもりは選ばないよう、薦める。
味噌のつけだれはさほど特徴を感じないが、麹でも辛でもない味噌、ストレートな味噌。
味噌汁ではなく味噌ラーメンならではの、味噌。
たっぷりの野菜を炒めた油で満たされ、熱く、香ばしい。
これまた評判の角煮、甘さと柔らかさは絶品で、味噌と対照的な味わいは箸休め以上の存在感がある。

腹も膨れたし、心も満たされた。
近ければ限定出るたんびに追ったりしただろうが、ちょっと距離的にね。
またしばらくしたら、行きます。
by blue-red-cherry | 2008-02-07 09:58 | ラーメン
<< パナップ Number >>