ひるがお

c0025217_22462325.jpg

非、車人間にとって中々足が運べない環七のラーメン屋の中でも1、2を争う人気店、「せたが屋」の昼営業、「ひるがお」本店に行ってきた。
こう寒いとラーメン屋はもうかってそうな気がする。

c0025217_2248155.jpg
c0025217_22481787.jpg
c0025217_22483164.jpg

以前に御苑の「ひるがお」には行ったことがあって、そこで透き通り、かつしっかり味がする塩ラーメン原体験は済ませてあるので、塩つけ麺にした。
そういや塩つけ麺、味噌は最近増えたけど、塩は滅多に聞かない。
かなりの期待感をもちつつつけ汁をすすると、塩、そして魚介。
そもそもせたが屋の売りである魚介のエキスがかなり香る。
しかしそれは醤油でも味噌でも豚骨でもない、まぎれもない塩だった。
塩の塩気って深みとかいろんなものを排除してストレートにくる気がする。
貝の小柱がふんだんにつけ汁の底に沈んでたりと、いろんなエキスが溢れ出してはいるんだが、ストレートな塩の味が確かに塩つけ麺であった。
薄めの平打ち麺がまた、滑らかな表面に塩味が馴染む。
美味い。
して、一緒に行った人が食べていた塩ラーメンも一口もらう。
やっぱりひるがおの塩スープは一味違う。
上品でいて、パンチもある。

夜のせたが屋だな、今度こそ。
by blue-red-cherry | 2008-02-09 22:53 | ラーメン
<< ツナぶっかけうどん 墓場鬼太郎 >>