せたが屋

c0025217_10285470.jpg

鉄は熱いうちに、的な発想でラーメン食べたいヤツ食べに行っちゃえ企画、第2弾。
夜にポッカリとすることがなくなってしまい、気になってたことを片付けにちょいと会社に顔出してみたりしながら、夜営業の「せたが屋」へ。
到着時は22時過ぎだったかと思うが、店外で10人強の列。
3連休の中日だったが、店前の環七には何台も車が止められてたし、寒いのにまあ。

c0025217_10312533.jpg
c0025217_10314081.jpg

非クルマ人間としてはしばらく来ることはないだろうと、所謂全部のせのせたが屋ラーメンを注文。
なるほど、酸味の効いた魚介醤油というよりは、ガツンと魚介の味がくる、ストリクトリー魚介フレイヴァ。
スープの喉越しもどろりではなくさらりで、濃厚というよりはパンチがあるって感じ。
予想とは違ったが、美味しい。
麺は2種選べると書いてあったが、何も言わないと中細ちぢれ麺のほうになるみたい。
平打ち麺に興味があったが、これはこれで細いながらも歯応えとコシがあり、ナイス。
スモーキーなチャーシュー、香りと食感がいいあおさのり、適度に味付けられた半熟玉子と、全部のせならではのバラエティも楽しめた。
ただ全部のせって味の種類が多すぎて、あとから考えるとそのラーメン楽しむんだったら、ノーマルがいちばんいい気がする。
テイクフリーの玉ねぎの刻み、魚介を濃縮したかえしのガツン汁も試してみたが、どちらも後半戦に飽きをこなくさせるのに有効。

行列ができるだけの味だと思う。
近けりゃなあ。
つけ麺も魚郎も試したいんだけど、いつになるやら。
by blue-red-cherry | 2008-02-11 10:38 | ラーメン
<< グリル佐久良 トランスフォーマー >>