イエローカンパニー

c0025217_1144736.jpg

今週のカレー(笑)は、レペゼン北海道、スープカレー。
おなじみ渋谷⇔恵比寿の明治通りをちょっと入ったところにある「イエローカンパニー」さん。
カレー番長絡みのレポ記事なんかも並ぶ、ちょっとオサレなスープカレー屋さん。

c0025217_11443688.jpg
c0025217_11445585.jpg

スープカレーって、松屋かココイチでしか食べたことなくって、しかもノーマルのカレーより辛めがデフォっぽいので、辛いの好きだけど苦手なオレとしてはあまり手が出なかった。
それでもここにきたのは単純明快、美味そうだったからだ。
定番とある、チキンにした。
30種以上のスパイスを配合したというルウには、そのスパイス自体が浮いてたり、いろんなエキスが混在するからこそと思われる、多様な香りと色をしている。
レベル3、中辛にしたが、確かな辛味を感じさせつつも、いける。
食べ方の手引きみたいなのに、スープカレーは辛いが途中で水を飲んで味を薄めてしまっては元も子もない、辛いのはスパイスによるが美味いのもスパイスによる、みたいな豆知識が書かれてたので水を飲まずに食べきって納得。
確かに辛さも美味さもスパイスの仕業だろうし、複雑に絡まりあうこの味わいは一筋縄ではない。
ゴロゴロと大きめのが並ぶ具材もナイス、ナイス、ナイース。
スプーンで切れる鶏もも肉はかなり大ぶりだが、驚くほど柔らかい。
表面を揚げられたじゃがいもの香ばしい味わいは主役級。
ピーマン、にんじんの定番も、スパイシーなルウによくあう。
淡白なゆで卵もルウとのバランスが最高だ。
そしてルウだけでなく、香り豊かなサフランライスがまた、いいんです。
スプーンにとってライスを浸せて食べればルウの染みこみ具合を堪能でき、一方でルウをライスにかけて食べれば香り豊かなサフランライスの持ち味が活かされる。
美味かった。

スープカレー、いいじゃなーい。
by blue-red-cherry | 2008-02-14 11:45 |
<< 大衆酒場 ニコニコ食堂 鶏ひき肉とアスパラのクリームソ... >>