大衆酒場 ニコニコ食堂

c0025217_14432034.jpg

仕事絡みでオッサンの聖地・新橋でまさかのはしご酒。
2軒周って食って飲んで一人5000円いかないこのコストパフォーマンス、そしてクオリティーの高さには恐れ入った。
まず1軒目は「大衆酒場 ニコニコ食堂」
動画ではない。

c0025217_14433842.jpg

ここはなんといってもこの豚レバ刺に尽きる!
ギガントウマス。
まず食感が違う。
ぷりぷりピチピチ、若さあふれるお肌のように新鮮で、勢いがあって、押し返してくる強さがある。
豚レバでありながら臭み、クセの類が一切感じられないのもポイント高い。
歯応えと柔らかさを感じたかと思えばとろける濃厚な旨味が押し寄せる一瞬の出来事に、思わず拍手。
タレをにんにくやしょうが、ゴマだれから選べるが、にんにくをチョイス。
パンチの効いたタレが極上のレバ刺をより一層輝かせる。

c0025217_14435644.jpg
c0025217_1444656.jpg

「寒いでしょ?」と女将さんが薦めてくれた牛煮込みが温かい。
ほっとけばいい煮凝りになりそうな、肉のエキスが染み出まくった汁がたまらない。
七味をふりかけ、寒さを吹っ飛ばす。
大将が軒先で焼く、焼き鳥も美味。
小ぶりながら塩味が効き、食べ応えも充分な盛り合わせ。
ここでもレバーは表面の香ばしさと濃厚な身がハーモニー奏で、欠かせない。

1軒目なのでこの程度に控えたが、ここはいい飲み屋。
一見さんが入りづらい排他的な雰囲気のエリアにあって、誰もが入りやすい雰囲気。
懐に優しい値段設定。
オヤジたちが集まるのもうなずける。
ぜひまた行きたい。
by blue-red-cherry | 2008-02-14 14:44 |
<< 新橋 地鶏屋 イエローカンパニー >>