中野大勝軒

c0025217_13432513.jpg

「丸福」のあと、荻窪から中野まで散歩して、中野でもラーメン食べた。
滅多にできないラーメン屋のはしご、だ。
「青葉」とかいろいろ美味そうな店あるが、荻窪のクラシックから繋げて「中野大勝軒」
大勝軒のルーツに近い店だと聞くが、その辺の事情も疎いので割愛。

c0025217_13452433.jpg
c0025217_13453319.jpg
c0025217_13454343.jpg
c0025217_13455387.jpg

2軒目だというのに、肉入りつけそば。
「丸福」もそうだったが、長いお店って量とかで勝負してないから、ペロリといけちゃう。
大勝軒ってどこで食べても若干の味の違いがあるよなー。
主にこれまで食べてきた大勝軒が東池袋系だったこともあり、中野のそれはちと違う。
なんつうか、脂が抑え目、甘味もなく、どちらかというとスッキリ、それこそ荻窪で食べた醤油のようにストレートな醤油を感じる。
酸味もさほど強くないが、スッキリとしたシンプルな醤油は意外に力強い。
そして麺。
これはつけそばの祖に近しいだけあって、太く滑らかでコシがある。
素朴なつけ汁との相性がよく、一気に啜れてしまう。
ノーマルなつけそばであればなんと、480円。
古き良き、という言葉がこれ以上なくハマる、老舗の味を楽しんだ。

c0025217_1351660.jpg

スープ割りをしてもらったつけ汁が実に美味しくて、完食。
ごちそうさまでした。
by blue-red-cherry | 2008-02-16 13:52 | ラーメン
<< 納豆ときのこのクリームソースス... 丸福 >>