中華そば 青葉

c0025217_11495724.jpg

中央線攻め、狙ったわけではないが、大勝軒に続き中野の名店として名高い「青葉」の本店へ。
飯田橋も池袋も行ったことはあるが、本店は初。
ここ、店内ギリギリまで人並ばせるためか、扉開きっぱなしなんだけど、さみぃ~。

c0025217_11501292.jpg
c0025217_11502260.jpg
c0025217_11503081.jpg
c0025217_1150406.jpg

魚介と動物、Wスープの走りといえば青葉だ。
青葉抜きにしてWスープは語れない。
極上のとろみが味わえる濃厚なスープは絶品以外のなにものでもない。
オレは特製つけ麺、連れが特製ラーメンを頼んだ。
寒いときにラーメンの温かいスープは嬉しいけど、ここはやっぱりつけ麺のほうが美味いなあ。
味にパンチというかエッジがある。
ラーメンのスープはまろやか濃厚で味わい深いんだけど、動物感が強いというか、刺さるような味の尖りはない。
つけ麺のつけ汁は、あとでスープ割りしたところでまだ、魚介のパンチを感じるレベルの強さで、中太でコシのある麺をたっぷり味わうに相応しい味だ。
ラーメンのほうも美味しいんだけど、オレはここではつけ麺を選ぶなあ。
余談だが、連れは無類の卵好きで、ラーメンはそんなに好きではないんだが、ラーメン屋に行くと煮玉子のクオリティーに対しこだわりを見せる。
なんでも味付けすぎて、卵の素材が生かされてないものはダメなんだとか。
そういやそうだ、煮玉子はどこでも出る定番だけど、どれも違いはある気がする。
んー、奥深い。

土曜日ってこともあるが、変わらぬ混雑ぶりにも納得の一杯だった。
by blue-red-cherry | 2008-02-19 11:51 | ラーメン
<< カレーブック 日本×北朝鮮 東アジア選手権2008 >>