カレーブック

c0025217_16271911.jpg
c0025217_16273984.jpg

ブックといっても本の紹介ではない。
本のように見開き、左右の面にカレー粉、各種スパイスなどが小房にわけて入れられた、本のようなカレーの素「カレーブック」
こいつを使って、サタデーナイトにカレーを食べた。

c0025217_16281380.jpg
c0025217_16282550.jpg

インドカレーなのに具をポークにしたのは邪道だったかな。
日本風、とパッケージには書かれていたが、どこらへんが日本風なのかは、いまいちわからない。
日本風とはいえインドカレーなので、もう少しサラっとした液状のルウを思い描いてたんだけど、意外とどろっとした感じのルウ。
普段は固形ルウの素だけで作ってることを考えると当然だが、いろんなスパイスの味がかなり立ってる。
どれがなんだか、さっぱりわからんが、確かにスパイシーではあった。
見た目も含め、普通のカレーとの大きな違いはいまいちわからなかった。
スパイスが加わると深みが増すのは確かで、やはりちょっと本格的にチャレンジしてみたいかも、という思いを強くした。

カレー作りに本格的にハマる自分を思うと、結構ワクワクする。
by blue-red-cherry | 2008-02-19 16:29 |
<< 肉ニラきつねうどん 中華そば 青葉 >>