塩ちゃんこ鍋

ついにというかようやくというか、最高気温が15℃近くまで上がり、最低気温も6、7℃まで上がってきた。
春ですよ!春っ!
春は暖かくて好きなんだけど、気を抜くとすぐ欝に陥りがちなのでそこだけ気をつけて、と。
この冬は随分と世話になった鍋もそろそろ終わりかなってタイミングで連れが鍋本をゲットし、まだまだいろんなパターンを試したい次第。
その中にお兄ちゃんのちゃんこ屋の味を再現できるという塩ちゃんこ鍋のレシピがあったので試す。

c0025217_12254643.jpg
c0025217_12255875.jpg
c0025217_1226995.jpg

塩ちゃんこ、ウマス~。
鶏団子に豚バラ、白菜、ねぎ、ほうれん草、油揚げに豆腐と具は普通の鍋と変らない。
もやし、玉ねぎが入るのと締めが中華麺なのだけは、塩ちゃんこならでは、かな。
手が込んでるのが鶏団子と塩スープ。
鶏団子には下手にいろんなものを混ぜず、玉ねぎと長ねぎのみじん切り、ごま油に片栗粉、そして卵と味噌、しょうがなんかを隠し味に調味がメインでこねるこねる。
絶対に崩れないくらいまでしっかり粘らせて落としいれ、いざ食べるとソフトなのよ。
長芋や大和芋は使ってないものの、それに近い食感が味わえる。
微妙についた味噌の味やごま油などなどが主張しすぎない味わいを発揮し、また、スープにもエキスを染み出す。
そしてスープ。
塩はギョギョっとするくらい入れる。
これがポイント。
鶏がらスープの素でベースを安定させつつ、この大量の塩がパンチある味を約束する。
いろんな具と煮込むことによってさまざまなエキスがあふれ出し、白濁してくるんだけど、それが美味い。
どうしても水炊きでポン酢、鍋自体に味をつけると味噌とかになりがちだけど、塩、かなりイケる。
最後の中華麺は好みの幅広で。
結構満腹だったが、美味しく食べれた。

大成功っす。
鍋、もうちょいやろうかな。
by blue-red-cherry | 2008-03-03 12:26 |
<< 世界は密室でできている。 豚骨世界 大大 >>