高山ラーメン

c0025217_11364667.jpg

実家に帰った際、妹に土産でもらった「高山ラーメン」を2日にわけて食した。
調べてみると、飛騨高山はラーメンで有名だとか。
意外。

c0025217_11533790.jpg
c0025217_11535219.jpg

初日。
シンプルに作る。
透き通った甘しょっぱい醤油スープと極細ちぢれ麺。
具にチャーシューの代わりの豚バラ焼きと、もやしを炒めて入れた。
シンプルな醤油ラーメンだけに、肉ともやし炒めについた塩味がちょっと目立ってしまった。
とはいえデフォの醤油スープは結構甘めで、塩気はプラスして正解だったかもしれぬ。

c0025217_1156285.jpg
c0025217_11561917.jpg

2日目はさらに進化。
醤油スープを溶かすお湯に鶏がらスープの素でだしを作った。
さらに具では、前日同様の豚バラともやしになんと、焦がし玉ねぎを作ってみた。
そう、目指すところは喜楽のそれ。
もちろんことはそんなうまくいかない。
だが、焦がし玉ねぎからは確かな香ばしさと甘味があふれ、鶏がらを混ぜた醤油スープにはノーマルでは出ない味の深さとコクが出た。

インスタントのラーメンでも、ただ食べるだけではなくちょっとした工夫でテンション上がる。
by blue-red-cherry | 2008-03-09 12:00 | ラーメン
<< FC東京×ヴィッセル神戸 J1第1節 未来講師めぐる >>