AL-KHADIR, Kick It Out, YO!

最近のラッパーはみんなラップが巧い。
際立って個性があって巧いラッパーもいるけど、平均して巧いラッパーが多い。
そして軒並みトラックのクオリティも高い。
海外に負けじと、というアプローチもあるだろうが、日常を、自分のリアルを歌うラッパーが増え、日本的でクオリティの高いラップアルバムが数多く出ていて、オレはお金が足りなくて困っている。
いい年こいてそんなことになるとは思わなんだ。

c0025217_1516535.jpg

そんな毎日の中、家のライブラリーからツィギーの1st、「AL-KHADIR」を引っ張り出してきた。
四街道のKZAやDJ BEN THE ACEとともにいち早くサウスのダウンビートを取り入れてたり、四つ打ちにブレイクビーツ、その先見性やジャンルの枠を超えた音楽性の高さ、というイメージが強いツィギーのストレートなラッパー、ヒップホッパーとしての魅力が詰まった日本語ラップ史上間違いないクラシック。
聴きな、って言ったらみんなツィギーに足向けて寝れねーだろ。
Kick it outをキキナと取り込んだ功績って計り知れないと思う。

そんでこのアルバムのツィギーはホントにラッパー然としてる。
ペイジャーの中でもムロ、PH、MASAOとマイクリレーするわけだから個性が全面に出た、フロウアーとしての一面が目立ったが、自身初のリーダー作ではカチッカチと踏んでくるし、所謂マイクものというか、ラッパーとしてのスキルの高さを謳った曲も目立つ。
アートワークにも見て取れるが、彼のイスラムへの傾倒ぶりが伺えるトピックも特徴的。
全体を彩るトラックは浮遊感を携えたDJ BENによるスペーシーでカラフルな音色。
クラシック中のクラシック、「MIRROR BALL」の煌びやかな世界は、まるで真夜中中のまじない。
街中を照らす照らすブラックナイト、くゆらす煙また宙を舞い出す、踊らすこんなチューン夜は暗くない。
「DATEME」「かみひとつ」、と硬質なキック・スネアに流麗かつ奥行きのある音色を響かして、さらに独特のツィギーワールドが歌われるわけで、ツィギー×DJ BENのコンビネーションはユウザロックのそれに勝るとも劣らない。
一方で雷家族のDJ YASによる土臭いトラック群がまた面白い。
コバコングのフリーキーなフックが最高にカッコいい「煙の拳」も、ユルメな女性ボーカルが華を添える「KICK IT OUT」も、これでもか、というダウンビートでどシンプルなワンループ。
その上で一語一語を突き放すように、まさにスピットするツィギーのラップスタイルは、今でいうニトロのゴアテックスとか、B.D the Brobusらのフロウに通ずるものがある。
もちろんこの頃、こういうスタンスでラップしてた人はほかにいなかったわけで。
音もライムもシンプルゆえに、この頃のツィギーの作品がいちばんリリック覚えてたりする。
革新的でカッコよくてお手本であって……フォロワーが絶えなかったのも頷ける。

改めて聴いてその意味だったりとかを深読みするといろいろ見えてくるがそういうの抜きにして今でも全然フレッシュに聴けることのほうが感慨深い。
だからこそ、紛れもないクラシック。
by blue-red-cherry | 2008-03-12 15:18 | 音楽
<< 本生さぬきうどん 小麦房 ツナとオクラのトマトソーススパゲティ >>