本生さぬきうどん 小麦房

渋谷にさぬきうどん屋はないのか、と息巻いていた時期もあったが、つらつらとネットを徘徊してたら「本生さぬきうどん 小麦房」をあっさりと発見。
道玄坂なんて500往復はしてるはずなのに、気付かなかった。
隣の「MARUHACHI」でもよく飲んだなあ。

c0025217_11191541.jpg
c0025217_11192691.jpg
c0025217_11193520.jpg
c0025217_11194563.jpg

さぬきうどん屋といえど、初訪問で危険かと思ったが一玉ずつ2種のうどんにいか天を頼んだ。
オーソドックスなかけと、ゆず鶏南蛮うどん。
いりこが効いてるがそこまでパンチはない。
ゆず鶏南蛮はゆずの風味香りつつ、一口大の鶏肉、揚げなどから脂が染み出たコク深い味。
連れの釜卵もちょこっともらう。
卵の印象が強く残ってるが、もうちょっとだし醤油を足せばよかったと今気付いた。
どれも麺が太い。
さぬきのはもう少し細くって、でもコシが強いのが特徴だと思うんだけど、さぬきじゃないとこで食べるさぬきうどんってとにかく太いってイメージがある。
悪くはないんだけど太すぎるとなんか小麦っぽすぎるっていうか……小麦房だからいいのか。

オレは知らなかったんだけど、昼時ということもあってサラリーマンやらOLで結構繁盛してた。
大中小でサイズも選べるし、二玉+天ぷらのオレコンボでも700円弱のコストパフォーマンス。
いいランチスポットだと思うけど、さぬきうどん欲を満たすにはちょっと足らないかも。
by blue-red-cherry | 2008-03-13 11:19 |
<< ツナとねぎのアラビアータ AL-KHADIR, Kick... >>