ジュビロ磐田×FC東京 ナビスコカップ予選リーグ第2節

c0025217_20293118.jpg

四日のうちに二度も日帰り静岡を鈍行列車で往復するなんて、東京を応援する前には考えることもなかった。
ヤマハ初参戦のオレが、苦節9年の壁を破った記念すべき1勝に立ちあわせてもらいました。
ずーっとヤマハに通い続けた方、おめでとう!
でもバージンのオレも、因縁を知らなかったJFKも、みんなホントに嬉しかった1勝。
ナビスコ予選リーグ第2節、ジュビロ磐田戦、また忘れられない思い出がひとつ。

c0025217_2030236.jpg
c0025217_20301364.jpg
c0025217_20302547.jpg
c0025217_2030353.jpg
c0025217_20304756.jpg

安定しない、と感じていた試合への入り方、のめりすぎず受けすぎずで今回は慎重だった。
トップの平山がカボレに、負傷の石川が大竹に、前線を2トップにしたので赤嶺inで栗澤out。
最終ラインでは浄が初先発で、モニの相方が吉本からフジに戻った。
最終ラインのベテラン2人が入ったことだけで安定感が増すとは言い切れないが、序盤から萬代、ジウシーニョ、西、太田とキーマンに早めに入れてくる相手に対し、落ち着いて対応していけたのは彼らの力も大きい。
前節清水に突かれたセンターラインとサイド間のマーカーのギャップもバッチリ修正されていた。
中へ外へ自在な西に浄が着いていく場面があったが、「献身」というタトゥーでも彫ってそうなエメの献身的な運動量と守備意識、それに浄とのコミュニケーションが加わり、左サイドはほぼ完封してたのでは。
萬代も引き気味に受けたりサイドで逃げてもらおうという動きがあったが、そもそも磐田が狙って仕掛けたと思われるミスマッチ、フジとのマッチアップが仇となる。
確かに空中戦で萬代を越えてボールを跳ね返す場面はなかったが、きっちりと体を寄せてその頭を使った決定的な仕事はさせないし、
足元にボールが来ようものなら得意の出足の鋭さで何度も掻っ攫った。
萬代に苦手意識を植え付けるに充分な執拗なディフェンスで、さすがミスター、好調を維持している。

開幕より4試合目、メンツもフォメもバラバラだが、志向しているサッカーにブレがないのが素晴らしい。
カボレ、赤嶺を縦気味に(静かなスタにJFKからの指示響く→G裏反芻ワラタw塩バージョンもwでもやりすぎはイクナイ)置き、中盤はサリをアンカーに右に大竹、左にエメ、梶山の意識はかなり前目だったので前半はダイヤモンドのような格好で、大竹とエメは上下左右、かなり運動量豊富に広範囲をカバーしていたからいいものの、試しながらという感じがしたバランスは決してよくはなかった。
しかしカボレや赤嶺に楔が入ればフォロー、2トップがスペースを作れば飛び出し、また守備が安定したこともあり、両サイドバックの上がりも小気味良くできていた。
メンバーやフォメが替わってもやりたいことはかわらない。

c0025217_2031768.jpg
c0025217_20312551.jpg
c0025217_20313472.jpg
c0025217_20314326.jpg

後半は梶山がやや下がり目に入り、サリと第1ボランチ、第2ボランチ、役割がはっきりしたダブルボランチのような見え方。
多少の「持ちすぎ」が「強えぇぇぇ」に感じられたこの試合の梶山。
持ちすぎが元で取られる場面もほとんどなかったし、ミスパスも清水戦に比べれば激減。
独特のリズムと力強い肉体によるボールキープは、速攻にいけないとき、パスによる崩しが一旦弾かれたとき、2弾目、3弾目のアタックを仕掛けるための母艦として絶大な存在感でピッチの中央に君臨。
惜しいミドルが1本あったが、本人的にはもう少しフィニッシュに絡みたいところだと思うけど、すべてを一度に手にするのは難しい。
むしろ梶山がセンターでどっしりと構え、かつサリが確実な守備に徹したことで、大竹、エメがいきいき。
そしてエメ、大竹がバイタルエリアで積極的に動くことで梶山の役割がはっきりし、キープ力と展開力という持ち味が活きた、活かしあえたんだと思う。
エメと大竹。
どちらも守備意識の高さに関して大いに賞賛すべき(大竹が敵陣ペナ近くから猛ダッシュしてセンターラインまで戻り、西のふところからボールを奪った場面、忘れませんよ)。
だが赤嶺の先制点に繋がった場面のように、ダイナミックな動きを織り交ぜながらフィニッシュに近づく場面でその高いテクニックを発揮する体力、精神力、集中力、アイデア!
相手を背負ったまま足の甲を使ってすらすようにワンツー、とか、このチームには無縁の話だと思ってたよ。
運動量やテクニックを持ってるだけでなく、それをいつくるかわからないチャンスで確実に発揮するってことは本当に凄いことだと思う。
最後は怪我をしてしまうほどに全力で走りきったエメにはこの4試合で揺るぎない信頼感を抱いた。

まだまだベストフィットしているとはいえないが、カボレの存在は大きい。
常に2、3人のマーカーを引き付ける脅威になりえてるし、単騎の突破、エメや大竹を使ったチャレンジと、切れずに何度も繰り返す姿勢はチームに自分のスタイルを着実に浸透させている。
スペースを作ってはそこに大竹の侵入を促したり、ペナ内でもシュート以外の選択肢を冷静にチョイスできる辺り、アシストが多いのも頷ける。
まだ4試合。
楔を入れるのとか、裏へのスルーパスとかで徐々に形は作れてきているのであとは、サイドからの崩しに対してニアなのかファーなのか、両翼の選手やペナ内の相方と相談して必勝パターンを生み出してほしいね。
いける、20点はいけると思ってますよ。

赤嶺は漢だねえ。
去年の三ツ沢での2ゴールを思い出した。
1点目なんて素直に決めず、自演の泥臭ゴール(うそうそww)。
福田のチャントの後継者としてかなり真っ当だよなあ。
楔も頑張るし、シャーのハニカミ具合もステキ。

ライバル争いが苛烈な前線、交代出場の平山と信男さんも元気そのもの。
終了前キープの平山劇場は笑いもとれるが、大きな武器だよ実際。
トップに入っても中盤に入っても信男さんは求められたプレーができる大人。
長友は浄のプレーを見て、チームの中で活きる(活かされる)ことを感じ取れたかな。
いやはや、今ちゃん、羽生さん抜きでこれだから、城福さんも嬉しい悩みのタネだね。
今は誰が出てもフレッシュで、誰を見てても楽しい。

c0025217_203273.jpg
c0025217_20322011.jpg

そして恐るべきルーキー、大竹は早くも千葉に行った先代ファンタジスタに捧げられたチャンピオンサウンドチャントが与えられるに相応しい働き。
初先発で90分フル出場、1点目のアシストも素晴らしかったが、2点目、信男さんの大きめのクロスに喰らいついて中へ折り返したシーンには感動した。
半分カボレのゴールという声をよく聞くが、赤嶺とカボレと大竹で3分割のゴールだろう。
過剰、とまではいかないが早くもメディアの注目度が高まってきている。
当然相手のマークもキツくなるであろうし、厳しい闘いになるだろうが、戦力として期待すると同時に怪我しない体作りをし、スタッフには過保護にならない程度にきちんと守って欲しい。
それくらい大事。

c0025217_20324060.jpg
c0025217_20325259.jpg
c0025217_2033419.jpg

こんな日は何を書いても浮かれ気味で、ついつい長くなりますな。
入ってれば伝説となったであろう、自陣ゴールエリア外からの暴走機関車ドリブルシュート(シュートだけ弱)を見せた徳永の勇姿だけでもご飯3杯いけた。
勝ち試合は見どころ多すぎて、もっとつまらない試合にも分散してくれりゃあいいのに。
なんて冗談も言えてる現状は出来すぎです。
新しいサッカーをしながら結果を出す、難しい課題に全員必死で取り組んでるからだね。
毎試合課題を見つけては克服する今のチームは、必然的に連敗しないチームを同時に目指せている。
今度は連勝し続けるチームへ。

次はホーム初勝利を目指して日曜日、味スタで。
by blue-red-cherry | 2008-03-24 20:33 | FC東京
<< 八百徳 炭焼きレストラン さわやか >>