手打ちうどん 四国屋

c0025217_23322861.jpg
c0025217_23325171.jpg

土曜、新宿御苑の人ごみに疲れ、昼寝ならぬ夕寝をしてしまい、気付けば夜。
ダラダラとテレビを見たあと、中野坂上から新中野まで歩いて「四国屋」へ。
小料理屋のような静かで落ち着いた雰囲気の中、ビールをやりつつ、肉きざみうどんを頼んだ。

c0025217_23355037.jpg
c0025217_23361259.jpg

透き通ったつゆは強くだしが香り、薄口醤油が確かな存在感を感じさせる上品でいて病み付きになる味。
カウンターの奥で女将さんが打ってる麺がまた力強い。
コシがめちゃくちゃ強い。
幅広だが麺の表面はつるつる、飽きることなく食べやすい。
肉きざみ、具がまたよい。
豚バラは脂身多く、臭みはなく、旨味たっぷり。
新鮮そのもののねぎ、だしを吸い込んだお揚げがジューシーなのは言うまでもない。
トータルで不満は一切なし、美味しいうどんでした。

かき揚げに卵とじ、メニューはバラエティに富んでるのでぜひまた来たい。
by blue-red-cherry | 2008-03-30 23:53 |
<< FC東京×京都サンガ J1第3節 新宿御苑 >>