FC東京×コンサドーレ札幌 J1第5節

c0025217_23312533.jpg

朝から京王沿線でフットサルを楽しみ、その流れでチームのメンバーと臨んだホーム札幌戦
連敗しないチームになること、新たなメンバーの可能性を確かめること、今回も楽しみは尽きない。
初めてきた仲間の一人が試合中に船漕いでたのもやむなしな内容だったが、勝ち点さぁーんを得た東京にしてみれば、満点に近い。

c0025217_23345589.jpg
c0025217_23352968.jpg
c0025217_23354016.jpg
c0025217_2351487.jpg
c0025217_235116100.jpg
c0025217_23512740.jpg

羽生キャプテンもなかなかに新鮮だったが、なんといっても最終ライン。
長友お休みで浄というのも、不慣れなメンバーを落ち着かせる意味ではかなり有効だったと思うが、加入後2試合目の佐原と、初出場のブルーノのセンター。
長い髪を束ねた姿が一際目立ったブルーノと、ヘディングひとつでサラサラヘアーが陽光に映える佐原。
モニとフジを中心にしたメンバーに慣れていた目には、ガツンと当たりに行って勝負する佐原、きちんと蹴れるブルーノというタイプ的にも斬新に映った。
札幌の攻撃があまりにもお粗末だったことを差し引いて考えなくてはならないが、失点ゼロは評価されるべきだろう。
基本の役割は佐原が行ってブルーノがカバーでうまく分担できてたし、場合によっては臨機応変に逆のパターンもできていた。
1対1でも負けてなかった。
どちらも決まりこそしなかったが、セットプレーで大竹のキックにバッチリ合わせたヘッダーがゴールを襲う場面もあり、得点も期待できそう。
連携不可欠なポジションだが、ある程度のラインが保てるならば、調子のいい選手を使うってのもありかもね。
モニ、フジ、吉本、今年はさすがに今ちゃんセンターバックっていうのは見ないで済みそう。

カボレ1トップのツリーシステムは、大竹、羽生の精力的な動きで序盤から機能していた。
仕掛けの大竹が目立つが、羽生の走りは動きのないところを無理やりにでも動かす力がある。
人もボールも、を目指すチームを実はこっそり着実に推し進めていると思う。
とはいえ、大竹の充実ぶりにはファンとしても鼻が高い。
1試合に3、4本という高い確率で味方の頭に合わせてくる正確なプレースキックは引き続き、右サイドから中へ切り込んでくる仕掛けのドリブルも切れ味を増してきており、シンプルにはたいたり、裏を狙うアイデア溢れるパスとあいまって、流れの中で存在感を発揮してきた。
変にメディアに煽られるのはご免だが、東京発のスターになる可能性、高い。

1トップだと役割増える一方マークも集中してしまうので、より生かすなら2トップな気がするが、だいぶコンディションの上がってきたカボレにとっては些細なことなのかもしれない。
小気味よくパスを繋げてた時間帯でサリの、精度はもうちょいだったがタイミング抜群のフィードからゴールネットを揺らした場面。
チャンスに顔を出す嗅覚、相手より前に出るスピード、相手を弾き返すパワー、正確にコースを突くシュート、ストライカーとしての才能が込められたゴールだった。
相手を背中に受け止めて、といったポストプレイヤー然としたプレーは好まなそうだが、空中戦に勝ち、その落としからチャンスメイクすることも多く、トータルでやっぱりレベル高い。
裏へのパスは増えつつあるが、どうもサイドからのクロスがいまいち合わない。
意外と祐介と2トップとか、合ったりして。
しかし、楽な試合であった一方、1点しか取れなかったわけで。
どちらかというと出来の悪かった試合をストライカーの一発に救われた。
期待通りの活躍である。

c0025217_0211950.jpg
c0025217_0214171.jpg
c0025217_0215261.jpg
c0025217_022899.jpg
c0025217_02220100.jpg
c0025217_0223784.jpg
c0025217_0225738.jpg

三浦監督をしてクライトンく以外は通じてなかったと言わしめる札幌のサッカーは確かに、可能性が感じられない放り込みに終始し、だからこそ合わせずに慌てずに、もっと繋ぐサッカーにトライできたかな、という気はする。
佐原とか徳永とか、ちょっと蹴るの早いかな。
反省の言葉を口にしていた梶山はシンプルに左右を使い分け、攻撃のリズムを崩すことなくプレーできてた。
結果がほしいところだろうけど、今はチームのバランスを考えて、今回のようなプレーを心がけてくれると助かる。
サリがアンカーにおさまったのが攻守で効いてた。
新顔センターバックの前、バイタルエリアを的確に埋めてたし、梶山はともかく、今ちゃんも自由にプレス、攻撃と動き回っていた。

と、いろいろいいところを思い浮かべてみても、相手がなあ。
むしろトドメをさせなかったことが問題。
後半、カボレと大竹を失ったチームは一気にトーンダウン。
引いた相手に対し崩していくアイデアはまだまだ足りない。
カボレと大竹は確かにその部分で突出した個ではあるが、チームとして繰り返すことが重要になってくる。
センターの人材に光明が差すと今度は前。
やることはいくらでもある。
それにしても不思議なもんだ。
たった3日前に個の力の総合で負けたのに、今度は個の力が勝ってたアドバンテージで勝てた。
相手ありきだな、リーグ戦は。

c0025217_0502880.jpg
c0025217_0504214.jpg

開幕5試合を終えて2勝2分け1敗と勝ち越したのは上出来だ。
やろうとしているサッカーの片鱗と、新しいチャレンジへの気概は感じられたが、まだまだまだまだ未完成。
ビルドアップから崩しまでたどり着く道筋なんかはほとんど見えない。
苦しみの中で早く攻めることも迫られた序盤戦、リーグを戦いながら理想を追いかける戦い方を模索する上ではまずまず良い経験値が積めてると思う。

さ、来週はダービー。
開幕戦を見てもなかなか厄介なチームだと思っていたが、フッキ獲得で厄介さは倍増した。
しかしダービーはダービー。
この試合だけは負けられない。
今年は4タテの予定だが、まずは一発、ガツンと勝っときましょうや。
ホーム初勝利の次は今季初の連勝を。
by blue-red-cherry | 2008-04-06 23:59 | FC東京
<< 韓国路地裏台所らぁ・たん 純豆腐 >>