とんまま

折からの暴風雨で傘が意味をなさなかった昨日の朝、ニューヨーカーばりに襟(革ジャンじゃないが)を立てて雨に打たれながら出社したら速攻で熱っぽくなり、体力を呼び起こしてくれそうなメシをばと、最近妙に続いている韓国料理を食べに「とんまま」へ。
ほぼ一年ぶりだわ。

c0025217_113342100.jpg
c0025217_11335489.jpg
c0025217_1134913.jpg

参鶏湯のハーフ、鶏一匹の半分を使った半鶏湯。
半分でも充分な鶏エキスとコラーゲンたっぷりのスープが、石焼の鉄鍋で熱々の状態でやってくる。
これで復活しなかったら重症だよ。
薄めの塩味で味付けされたスープはむしろ、調味料を感じずに鶏そのものを啜っているかのよう。
そこまでエキスを抽出された鶏肉もまたほろほろの柔らかさで、程よい弾力を残しつつ、さらに骨周りの味わい深さは濃厚。
鶏の内部に詰め込まれた薬膳や香味野菜が染み出せばさらに味の広がりが。
こりゃご飯も進むぜ~って思ってたらおかわりできますよ~って。
つきだしのキムチもなくなったころにおかわり持ってきてくれた。
いやー、気持ちいいランチだったな。

これも家じゃ作れない。
辛いのだけじゃないね、韓国料理。
by blue-red-cherry | 2008-04-09 11:34 |
<< 純豆腐うどん 行きずりの街 >>