板蕎麦 香り家

歯の状態は快方へ向かっていると感じているが、決戦の土曜日を乗り越えるまではまだまだ安心できない。
昨日の昼も蕎麦。
前に飲みに行った「板蕎麦 香り家」、初めてのランチ。

c0025217_138090.jpg
c0025217_1381241.jpg
c0025217_1382974.jpg

蕎麦はいけることを証明済みだが、今回は温かい汁にチャレンジ。
鶏汁蕎麦切り。
ランチタイムのご飯サービスも思い切ってチャレンジ。
四角い面が田舎そばらしい蕎麦切り、蕎麦特有の香りを閉じ込めて、相変わらず味わい深い。
普通のつゆに比べ、鴨や鶏を使ったつゆは素材の旨味が染み出してて、好き。
蕎麦好きとしては邪道なんだろうけど。
ここの鶏汁は表面をこんがりと焼いた鶏がごろごろと入っていて、香ばしさも文句なし。
ねぎに柚子、香味野菜の爽やかさもありがたい。
うん、温かい汁は大丈夫。
そしてうまーく患部を逃して食べた久々の肉、鶏肉!
泣ける。
熱々じゃなくて助かったご飯は、鶏とたけのこの炊き込みご飯。
これも薄めながらもしっかり味が染みており、頼んでよかった。

歯痛のせいで訪れたが、ここは通う価値がある。
値段設定は高めだと思うが。
by blue-red-cherry | 2008-04-18 13:17 |
<< 宇田 スモークサーモンと新玉ねぎのマリネ >>