FC東京×川崎フロンターレ J1第7節

c0025217_12332984.jpg

第13回多摩川クラシコ
ダービーのときのような高揚感こそなかったが、試合が始まり、バックスタンド側でにっくき森と我らが長友のマッチアップを見ているうちに、体躯を活かしまくって東京ゴールを脅かすテセを見ているうちに、ああ、やっぱ川崎も嫌いだわ、という思いが甦り、今週も白熱できた。
毎週毎週、楽しくて仕方ないぜ。

c0025217_12365675.jpg
c0025217_12371574.jpg
c0025217_12373798.jpg
c0025217_1237519.jpg
c0025217_123895.jpg
c0025217_12382429.jpg
c0025217_12383960.jpg

トレスボランチは引き気味、トップ下の栗澤は左に張ってる状態で、2トップとの距離が埋まらなかった前半は、中盤をうまく使えない展開に焦れながら耐える時間だと言い聞かせて見ていた。
栗澤のポジショニングは不可解だったんだが、城福さんの指示だったようだ。
確かに長友のオーバーラップを誘発していたし、森は自陣に釘付けだった。
城福さんは策を持ってるし、栗澤は忠実だなあ。

中盤の守備意識が強かっただけに、憲剛、大橋、谷口までフィニッシュに絡む場面はほとんど作らせない。
時折見せるサイドチェンジや失点に繋がったフリーキックなど、憲剛のキック精度は高かったが、両サイドを封じ、中盤にコンビネーションを築けない状態では万事休す。
それでも失点してしまったセットプレーの守り方は、生まれては克服している試合で見つけた課題として、次週以降に修正してくれるだろう。

中盤の踏ん張りは大いに助けたと思うが、佐原と藤山は非常によくやってくれた。
テセとジュニーニョ、どちらも元気だった前半は空中戦も足元も、五分五分よりちょっと分が悪いくらいの情勢でたまに危険な場面もあったが、しつこかった。
古巣相手に人一倍燃えていた佐原は、上では負けないという強い気持ちをぶつけ、テセを苦しめた。
フジは読みもスピードも完璧で、ジュニーニョ相手であればパワーでも負けていない。
何よりこの2人は奪いに行くプレーが気持ちいい。
アリバイ的なディレイ、ディレイのディフェンスなんてありえない。
それでいて必ず片方がカバーに入る。
センターバックは固定したくなるところだが、今の東京でベストな2人が出て、結果を出した。

若干劣勢でありながら同点で終われたのが大きかった。
戦い方の問題で間延びしていた前半、カボレの奮闘はチームを救った。
寺田のコメントにもあったが、赤嶺のゴールのシーン、寺田と伊藤をがっちりブロック。
このプレーに代表されるように、彼は幅こそないが強い。
しなる、って感じの筋肉なんだろうか。
体の預け方もうまくって、背負っても相手の足が出てこないとでキープするし、前にも書いたが、数的不利な状況だったりでコントロールが乱れたときは逆に、相手の足が出ないところに足を伸ばして失わない。
身体能力の素晴らしさに加え、献身的だ。
ハーフラインくらいまで戻ってディフェンスに参加してくれるシーンはざら。
前を向いて、カボレ→ボール→ゴールという直線の関係が成り立っているときの凄みはまだまだやってくれそうな期待感を膨らませてくれる。
赤嶺も見違える。
昨年のクラシコでは川崎山脈を向こうに何もさせてもらえなかったが、背負っても、下がって受けても、きっちりやれてた。
体を張るプレーのほかに、足元もだいぶ落ち着いてきたように見える。
そして決定的な仕事をする。
中盤のメンツがそろえばカボレ1トップが理想型なように思うが、この2トップは頼もしい。

カボレの先制点に繋がったフリーキックをもらい、赤嶺の同点弾をアシストした長友。
金曜のホットラインは長友祭りだったが、勢いを見せつけた。
栗澤の縁の下のサポートもあったが、タフな上下動にプラスして、キレ、積極性、どれをとってもサイドのプレーヤーとして必要な要素がすべて、充実している。
攻められながらも前半、下を向かずに立ち向かえたのは彼のプレーによるところが大きい。

c0025217_1362814.jpg
c0025217_1364142.jpg
c0025217_1371279.jpg
c0025217_1372728.jpg
c0025217_137411.jpg
c0025217_1375662.jpg
c0025217_1381129.jpg

後半は立ち上がりの攻めあいをやり過ごし、膠着してきたところで大竹投入。
両軍攻め合い、守りあう展開で疲れも厳しい時間帯で大竹という切り札を出せる今の東京は、力強い。
そしてファーストタッチもそこそこに、梶山の異次元の空振りに笑ったかと思ったらスルスルっと、いやもっと力強かったかな、ドリブルでエリアに侵入した大竹、コンパクトに放った左足のループの弾道!!
こういうゴールって見れるんだってくらい、ゆっくりと個を描いて川島が懸命に伸ばす手をすり抜けてネットに吸い込まれた。
東京の若きスターの初ゴール、これを見れたことを本当に誇りに思う。
この緊迫した試合で、あの場面であのシュートを決めてそれが記念すべき初ゴール。
なんつうか、胸がざわついて落ち着かない、変に浮ついた気持ちになった。
すげーもん見ちゃったよ、すげー選手出てきちゃったよ、って。

しかもそれだけじゃ終わらない。
ダービーでの羽生さんのゴールも美しかったが、東京が今季掲げてきて、こんなゴールが理想です、みたいにずーっと使えそうな4点目のゴール。
徳永から始まって赤嶺、梶山あたりを経由して最後は大竹のシルキーなスルーパスで今ちゃんがゴール。
大竹のパスはもう完璧で、言うことない。
しかしいくつかのパス、それもダイレクトで繋ぎながら、その間に後方の選手である今ちゃんがゴールへの道筋を見つけ、フィニッシュに至ったことが素晴らしい。
揺さぶり、動き出し、ラストパス、シュート、すべてそろったムービングフットボール。
きっとこれから、オレたちはこんな場面をいくつも見られるんだろう。
幸せすぎて、恐い。

理想を具現化したゴールはともかく、後半は落ち着いてボールが回せた。
スイッチを前がかりにしたことで中盤のスペースも埋まり、梶山もよく触れてたし散らせてた。
最終ラインの前で浅利が構えてくれてるのが効いてるなあ。
日本人得点王の今ちゃんも、消えてる時間は潰しに注いでくれてるわけで、不満はない。
長友ばかりがクローズアップされるが、徳永も去年に比べれば格段にいい。
長友がかなり積極的だから自重している部分もあると思うし、守備面で集中切らす場面がほとんどなくなった。
心配なのはシオ。
頭打ちながらも、その後にも決定的なシュートはじき出してたよね。
誰よりもこの日のリベンジを望んでただろうから結果は嬉しいけど、大事に至りませんように。

ていうか、羽生・エメルソン・石川と、目指すサッカーの中核を担う選手を欠きながら、リーグ戦3連勝。
誰が出ても結果を出せる。
小平での競争と共有が正常に機能し、何よりチームのやり方が浸透している証拠だ。
出来すぎの結果に浮かれてはいけないが、未来は間違いなく、明るい。
c0025217_1327489.jpg
c0025217_13271570.jpg

怪我人が戻っても次は代表組を欠くことになる。
シーズン通してベストメンバーでやれる機会は少ないが、今年は11人はもちろん、ベンチ入りの17人だけじゃなく、ベンチ外のメンバーも含め、戦えている。
暫定3位はちょっと笑っちゃうが、ひとつでも、少しでも上を、地に足つけながら。
マリノス戦の悔しさ、あれを忘れないほうがいいかもね。

クラシコのリベンジ、まず一発目。
去年は1試合目が5-2の敗戦だったから、最後まであと1点取れ!って思ってたんだけどな。
結果はともかく内容でも圧勝だったと思う。
等々力でも借りを返そう。

来週は日本平でアウェー。
行けなそうだけど、東京から念を送ります。
その次のゴールデンウィーク3連戦に備え、きっちり勝ち点積み重ねよう。

それでは、ハイライトを見てニヤけながら、お別れです~。
c0025217_1336248.jpg

by blue-red-cherry | 2008-04-20 13:44 | FC東京
<< サムギョプサル風焼肉 讃岐うどん大使 東京麺通団 >>