はじめちゃん

c0025217_1284638.jpg

「竈」のセカンドブランドの「竈2」(それすら知らなかった)の昼営業態である自家製麺がウリのつけ麺屋、「はじめちゃん」で昼。
新宿のラーメン屋は中心部より、三丁目だったり小滝橋だったり、外れたところのほうが美味しい店が集まってる気がする。
ここは麺通団に程近い、西口。

c0025217_1285958.jpg
c0025217_129101.jpg
c0025217_1292146.jpg
c0025217_1293166.jpg

しかしボリュームがハンパないよね。
小で420㌘って。
もちろん小ですよ。
420㌘もいただきながら、小なんで、ということで半燻玉もいただけちゃう。
つけ汁は魚介だしと豚骨スープのダブルだが、透き通ったあっさり仕上げ。
どうもつけ麺は濃厚なほうが好きなようで、若干の物足りなさは感じる。
繊細で丁寧な作りは全然悪くない。
ちょっと醤油が立ちすぎてしょっぱい気もしないでもない。
こだわりの自家製麺は、滑らかな喉越し、程よい弾力の噛み応えともに素晴らしい。
麺の力強さが効いたか、最後はつけ汁が薄まってしまい、これまたちと残念。

c0025217_1294775.jpg

相変わらず燻玉のクオリティは高い。
これが名物、いちばん美味い。
おそらく燻玉由来の椅子も物語る。
竈本体のラーメンも改めて、食べてみたくなった。
by blue-red-cherry | 2008-04-22 12:11 | ラーメン
<< 新橋 地鶏屋 手巻き寿司 >>