DAってDA BONGZだもん

ここ最近の私的日本語ラップ熱は、世のざわめきに端を発し、そのあとは周辺を周ることで連鎖的に加熱していった。
SCARS、Concrete Green、SDP。
嬉しい驚きとともに出会い、ハマった彼らの音楽に対して今後は、大きな期待とともに向き合うことになる。
そしてその日本語ラップフィーバー中に待ち焦がれた一組のグループのアルバムが遂に、届いた。
BASS&JAH GOD、MAILMANのユニット、「DA BONGZ」
「チカチカ秘大作戦」をはじめ、遡ればDELIのインディーデビュー盤「AQUARIUS」にもホットコネクションとして参加してた。
そのままDELI、千葉、JBL周辺の作品に客演してて、その客演っぷりにめちゃくちゃ惹かれてた。
JAH GODの突き抜けた言い放ち式散文ライミングは最近こそ慣れとともに親しみが沸いてきたが、なんといっても擦れ気味に低くくぐもった声でシャープにヴァースを切り刻んでいくBASSのカッコよさにやられた。
世に「聴こえ」の良さで評価された日本語ラップの、ペイジャー、ニトロの流れを汲む、宇田川~JBLラインとしては至極真っ当で、ソリッドに進化した典型だと思う。
ペイジャーキッズでニトロヘッズなオレがハマるのも至極当然。

c0025217_20161849.jpg

前置きが長くなったが、そんな彼らのファーストアルバム「DAってDA BONGZだもん」
なぜにこんなにカラフルで適当そうでいて、ときにタイトだったりしつつ、多彩なゲストにたまに浮気しつつも、なぜか戻ってくるのは2MCの掛け合い、そんな思いに「DAってDA BONGZだもん」と最初から用意していた答えのようなタイトルだ。

c0025217_20194287.jpg
UP IN DA BONGZ

そもそも二人だけの曲を聴くのは、先行で流れた「UP IN DA BONGZ」が初めて。
ビデオのいかれ具合も歌詞の中身も置いといて、割りとシンプルでヒップホップマナーになぞらえたトラックに対し、そうであろうとなかろうと、な雰囲気を感じる両MCのラップ。
なんとなくオレん中ではニッポンのクリプス。
ビートは陰陽、速遅、関係なし。
クセになるのはそのライム、フロウ。
くだけたスタンス(パブリックイメージだけど)も想起させる。
ほぼゴールドカードなオレにはその煙たい詞世界を語ることは出来ないが、「チーチ&チョン直伝」のってんなわけあるか、っと突っ込んだり、ポイントポイントはオモロくて耳に引っかかるワードが多いので全然楽しめる。
かと思えば、「UP IN DA BONGZ」に続く「RETURN TO MY SELF」
ジャジーでブルージーなトラックがそうさせるか、所謂バッキンザデイもの。
彼らなりの言葉選びは変らないし肩肘張った感じはないが、こう、期待していなかったノスタルジックな楽曲に素直に驚き、そしてそのクオリティの高さにも感心。
こういう一面が見れる(聴ける)のもアルバムならではだし、待った甲斐があった。

c0025217_2021944.jpg
B.O.B FEAT MARS MANIE,KGE,G-SPICE,JBM,GOCCI

好きになった原因もそれだし、個性的なライム、フロウ、キャラクターはマイクリレーでこそ映える。
多彩なゲスト(つっても身内ですが)が彩ったマイクリレーが多いのは、その辺を自覚しての確信犯かどうかはわからないしどうでもよくって、単純に佳曲が並んでて嬉しい。
頭っから好きなヤツを挙げてくと、重めのビートにギターリフ、どシンプルなトラックでまたヘヴィなラップをかますB.Dを迎えた「ゴロあわせ」
FULL CONTACT+HOT CONECTIONならばKEN WHEELにも参加して欲しかったのがホンネだが、MARS MANIEを迎えた「FULL CONECTION」、SKULL SNAPS使いの定番ブレイクビートにパラッパって短めのホーンが鳴る、これまたヒップホップらしいビートで、そんなど真ん中のトラックに「show me show meお味ご賞味~」っていうフックがクラシックすぎる最高なパーティーチューン。
一点、マッカチン作で納得の、ブレイクビーツ調の「ALL ROUND PLAYER」
KGE、MIKRIS、JBM、JBLシット。
人数が多ければ多いほど、DA BONGZのオリジナリティが輝いて聴こえる。
それにしてもKGEはカッケー。
不穏な雰囲気を演出する90'sっぽいトラックがカッコいい「DURN BIRNIN'」では盟友DELI参加。
ちょっと昔っぽいDELIのラップがなんか嬉しい。
同じくニトロからXBSを迎えた「CHAMPIONSOUND」も名前負けしない王道なヒップホップナンバーで、うねりながら低空飛行するベースがゲストにピッタリ。
一聴してそれと分かるHASSY THE WANTEDのバウンシーなビートに全員集合するJBLアンセム「B.O.B」は集大成なマイクリレー。
JBLラップ見本市みたいなガチャガチャしたラフ具合が心地よい。
両手上げます、親指折ります、縦ノリ横ノリついてきます。

期待してたマイクリレーと期待を裏切られたグループ単体での曲。
どちらも想像以上によかった。
ラップの味をもっと楽しむためにはそれこそクリプスのように変則的で無機質で未来的なトラックのほうが合いそうな気もするが、それは次の作品までの楽しみにとっておきたい。
立ち止まらずに、好き放題やってほしいね。
by blue-red-cherry | 2008-04-24 20:23 | 音楽
<< AFURI(阿夫利) ツナ大根ごはん >>