清水エスパルス×FC東京 J1第8節

c0025217_13261667.jpg

雨の中、現地組の方々、お疲れ様でした。
ナビスコ清水シリーズがあったので今回は見送った日本平、アウェー清水戦
京王沿線でフットサル後だったため、明大前のリブレで初観戦。

慎重に入り、前半はしっかり守って後半勝負、というのがここ数試合の形になっていたので、今回もこのパターンだと思っていたら、城福さんの会見からするとそうではなかったみたいだ。
そこそこうまくいってたのもあり、選手に受身のクセがついてしまったのかな。
試合通じて清水のオフサイドは3本、前半だけで8本のコーナーを取られたりと、見た目にも結果にも明らかだった前半の劣勢。
中盤の構成、前節の栗澤のような明確な役割分担がされてなかったか、中途半端なプレーが目立った。
期待された大竹はもっと2トップの近くでプレーすればボールタッチも見せ場も増えただろうし、3ボランチも含め、サイドバックとの絡みがほとんどなかった。
中盤と前線との連携が作れなかった両サイドバックは上がれずに、清水の崩しに翻弄されては、市川・児玉らと藤本が効果的に絡む清水のサイドアタックに苦しめられた。
中央はボランチも含め良く跳ね返したが、さすがに8本のコーナーキックは耐え切れなかったか。

2トップとの距離感も遠く、あの形でポセッジョンで主導するのは難しい。
カボレの単騎突破は強力だが、青山と高木が体を張って潰しにくるところ、良いサポートができれば穴を作れたかもしれない。
2トップだと中盤の両サイド、トップ下のすべてをカバーするには人数が足りず、メンバー次第だが、カボレ頂点の下、めまぐるしく中盤とボールが回る形が理想に近そうだ。

後半の攻勢は確かに、勝利への欲を感じたし、迫る場面も多く、盛り上がった。
いつぞやの終了間際のアリバイ攻撃のような悪いイメージはない。
いつも冷静なプレーぶりが頼もしいカボレが可能性の低いシュートをチョイスしてたり、流れたがる平山のポジショニングだったり、少しずつのズレが重なり追いつくことは叶わなかったが、今年初めての展開に、去年のラグビー並みに、このチームのパワープレーも迫力がある。

遠く離れたテレビ画面からではどうも、煮え切らない感想しかでない。
天候のせいもあるが、どうも全体的に重かった印象がある。
いくつかキレのある突破は見せたが、徳永はボーンヘッドが絵になっちゃうな。
前と絡めなかったところが大きいが、受身の長友は魅力が薄れる。
今ちゃんと梶山がともに目立たなかったのは、どちらの役割もはっきりしてなかったから。
これから中2日、中3日で続く連戦を思うと、今更ながら、代表合宿が恨めしい。
そう、中2日、中3日で続く連戦がもう、明後日には始まる。
大分、大宮、名古屋。
またしても「連敗しないチーム」が問われる展開だ。
今ある疲れ、これから積み重なる疲れを考慮すると、怪我人の復帰も待たれる。
崩れるか、波に乗るか。

早くも正念場のゴールデンウィーク。
c0025217_13263398.jpg
清水戦ハイライト

by blue-red-cherry | 2008-04-27 13:27 | FC東京
<< 喜楽 肉きざみおろしぶっかけうどん >>