FC東京×大分トリニータ J1第9節

c0025217_22245545.jpg

言うは易し、行うは難し。
連敗しないチームになる、まさしくそれだ。
そんな大いなる目標に向かって、初めてJ1クラブを指揮する監督と、大きく方針を変えたサッカーに取り組む選手たちが真摯に戦い、結果を出している。
飛車角抜きの相手との絶対に負けられない戦いだった大分戦

c0025217_2225239.jpg
c0025217_22253384.jpg
c0025217_22254282.jpg
c0025217_22255251.jpg
c0025217_2226131.jpg
c0025217_22261636.jpg
c0025217_22262680.jpg

攻めてはカボレ、守っては佐原。
殊勲の活躍だった。
ゴールこそなかったものの、ファウルでしか止められないその突破力。
対戦したディフェンダーに聞いてみたいところだが、嫌なフォワードとして脳裏に焼きついたことだろう。
初速が段違いに速い。
かつてJで名を馳せた浦和のエメルソンや、川崎のジュニーニョといった小兵タイプと変らぬスピードを持ちつつ、高さとバネ、身体能力も非常に高い。
あのスピードを考えると、単純に裏に出すだけのボールが作戦になりうる。
攻撃面で多大な負荷がかかってるにも関わらず、守備もよくするんだ、これが。
コンビネーション高めて、なんとか点取らせてやりたいなあ。

佐原、いいよねえ。
ピンと背筋を伸ばした姿勢もいいし、春の風になびくサラサラヘアーもいい。
マークについた相手のうしろから跳ね返すディフェンスがかなりツボ。
フィードも安定してきたし、すっかり貴重な戦力。
気合充分でよくやってたとはいえ、若干の不安が残るモニのカバーもパーフェクト。
守りの軸。

c0025217_22264214.jpg
c0025217_22265843.jpg
c0025217_2227723.jpg
c0025217_22271738.jpg
c0025217_22272687.jpg
c0025217_22273668.jpg

クリも頑張った。
まだまだ少ないと思うけど、2トップとも絡めてたし、キックの精度も高かった。
クリが地ならししたあとのほうが、当然だけど大竹も活きる。
中盤の話だと、3ボランチは破綻なきバランスの良さはあるんだけど、逆に個人の役割が曖昧だから難しいよね。
浄はもともとそういう選手だけど、今ちゃんと梶山もなんか器用な選手になっちゃう。
バランスとダイナミズムが両立されるとかなりの中盤になれると思う。
2トップとの距離感、サイドバックとの連携、少しずつ少しずつよくなってきてるから、心配はしてない。

赤嶺、勝負強い。
一つ一つのプレーにめちゃめちゃ集中してるのが伝わってくる。
潰れてもよし、狙ってもよし。
この調子だと、2トップがファーストチョイスになるかもしれない。

c0025217_22275588.jpg

大分に迫力はなかったものの、よく勝った。
めぐり合わせもかなりキテるとは思うが、引きがあるだけじゃあ、勝ちきれない。
一歩間違えば落としかねないゲームをきっちり勝ててる。
ホームでの連勝はスタンドの雰囲気も良くしてくれる。
5勝2敗2分ですよ。
スバラシスギル。
赤カボがいいってのもあるけど結構蹴る場面が多かったり、理想の時間帯はまだまだ少ない。
でも勝ち点重ねてかないと理想も糞もないわけで。
中断を前にあといくつ貯金を積めるか。

c0025217_2228821.jpg

チームとしてはすごく安定しているので、個々の雑感を散文的に綴ってみた(結果そうなった)。
ハイライトでも見ながら、次は土曜、大宮で。
c0025217_22322632.jpg

by blue-red-cherry | 2008-04-30 22:32 | FC東京
<< 韓国屋台 クンバリ 一二三 >>