かつおのたたきと餃子鍋

昼間のさかなクンに触発され、ギョギョウマを食らうべく、デパートで買ってきたかつおを炙ってかつおのたたき。
にんにくとしょうが、それぞれたっぷりすりおろしてポン酢で食べた。

c0025217_16214484.jpg
c0025217_1621559.jpg

かつおはとにかくよく動くらしく、その分エネルギーが普通の魚より多いらしい。
それは食べるほうにも作用するらしく、公園散策で疲れきった体にはバッチリだったのだ。
して、薬味とポン酢でフレッシュに味わうかつおは、ギョギョウマー!
こんな素晴らしいお刺身を前菜に、メインは餃子鍋。

c0025217_16221033.jpg
c0025217_16221943.jpg
c0025217_16223327.jpg
c0025217_16224433.jpg

先日の焼き餃子であまった皮を賢く再利用。
ひき肉やニラなどの具も、少なめに調達した。
鶏がらスープに餃子ともやしを入れるだけ。
シンプルだが所謂水餃子の形で、餃子自体の旨味と鶏がらエキスもあいまって、普通に水餃子にするより美味かった。
締めは肉のエキスが充満したスープでうどん。
これも悪いわけがない。

つうことで、初夏というか、急に夏を感じさせるディナーを楽しみました。
by blue-red-cherry | 2008-05-07 16:22 |
<< 讃岐うどん大使 東京麺通団 昭和記念公園 >>