アマラオファイナルマッチ

c0025217_8592378.jpg

オレは2003年から東京を追いかけ始めたので、アマラオの活躍はDVDで知ったことがほとんど。
生で見るのはメインスタンド上段、ホーム寄りのところでブラジル国旗とともに笑顔を振り撒く姿がほとんど。
オールドファンにとっては、懐かしく、色あせない東京のキングのプレーをもう一度、という夢のような空間であり、オレのような新参にとっては、語り継がれる東京のキングと東京の歴史を重ねてきた歴代選手たちのプレーに触れられる、それはそれで夢のような企画だった「アマラオファイナルマッチ」。
こういうイベントをファン主導でやれる行動力って、ホントに凄いと思う。
そしてそんなイベントをやってもらえるアマラオは幸せ者なんだろうし、それに値する存在なんだと思った。

c0025217_859424.jpg
c0025217_8595110.jpg
c0025217_8595929.jpg
c0025217_90735.jpg
c0025217_901528.jpg
c0025217_902373.jpg
c0025217_903130.jpg

東京スタジアム社長へのブーイングに始まり、アジパンダと衝撃のタンデムで登場したアマラオ。
前半はJFAアンバサダーを中心に構成されたアマラオ・フレンズでプレー。
右に名良橋、左に相馬という両翼をはためかせ、ラモス、沢登、前園、山口素弘で中盤を構成し、小倉隆史とアマがトップで組む布陣は元日本代表見本市。
さすがにベテラン、しかもエンターテイナーの域に達するメンバーのいい意味で力の抜けたプレーぶりに、味スタの雰囲気にもう前夜の柏戦のどんより感はない。
無駄に元気なラモスを筆頭に、アマに点を取らせたい一心のボール回しが笑いと涙を誘う。
幾度もの決定機を迎えたアマのシュートをことごとく、堀池がセーブする、あくまで東京のアマの引退試合であることをサッカーの神様自体が望んだかのような展開も笑えた。
2年前までトップでファイトしてたとは思えないフミさんの大人ぶりにも笑えたが、鋭いカウンターと「オイ!オイ!オイ!オイ!」と、G裏のリズムとしっくりくる速攻で2点を連取した東京のサッカーに、ああ、これが東京らしさか、などとひとり感慨にふけってみた。

c0025217_905393.jpg
c0025217_91227.jpg
c0025217_91918.jpg
c0025217_911761.jpg
c0025217_912696.jpg
c0025217_913363.jpg
c0025217_914132.jpg
c0025217_914812.jpg
c0025217_915575.jpg
c0025217_92240.jpg
c0025217_92917.jpg
c0025217_921967.jpg
c0025217_923350.jpg

後半、トーキョー・レジェンズとして青赤をまとったアマ登場。
やっぱり青赤が似合う。
そして11番が似合う。
所謂引退試合らしく、激しさとは無縁の戦いなんだけど、ボールを奪ったら前線のアマラオに楔が入り、そこからサイドに展開してまたアマにクロスが入る。
これは長く東京を見てきた人には何度も見てきた光景だろうし、やっぱりこう、歴史を感じた。
主役が点を取れない引退試合ってのも面白いかもって思ってたけど、胸トラからの見事なボレー、カッコよかった。
最近は日替わりヒーローの「シャー」を見てるけど、「シャー」も胸を叩くのも、アマはカッコいいよなあ。
原さんとの2トップは衝撃的だったね。
おもむろにベンチでコートを脱ぎ、下にユニフォーム着込んでる原さんも相当お茶目だけど。
そして平山を一年指導してきたのが原さんなんだということを思いださせてくれた決定機での胸トラ(笑)、無駄なコネ(笑)。
和んだけど、キングオブトーキョーとアジアの核弾頭の絵面は冷静に考えるとすごいものがある。
あ、後半はアンバサダーチームのフォワード、永島キャスターもなんかすごかった(笑)。

c0025217_93158.jpg
c0025217_931079.jpg
c0025217_931951.jpg
c0025217_932679.jpg

笑いどころ満載な試合だったけど、セレモニーはジーンときた。
ハーフタイムにジャーンやケリー、ツゥットから阿部ちゃん、ミヤら盟友から送られてきたメッセージも良かったし、アマのブログそのままな、拙い挨拶は逆に気持ちが伝わった。
両チームの出場選手たちも、ファンとの別れを惜しみながら延々続くセレモニーに最後まで付き合ってくれてたし、何より30人くらいの往年の名選手たち全員でシャー、はすごすぎる。

綺麗な奥さんに最高のサッカー仲間たち。
何よりアマは、この試合が終わってもずっと、キングオブトーキョーなんだと思う。
新しい道もきっと明るい。
いつか必ず東京と一緒に戦う日がくるだろう。
一緒に戦える、その日がくるのを楽しみに待ってます。
ああ、楽しかった。
ガス時代があって、ハラトーキョーがあって、JFKトーキョーがある。

c0025217_942096.jpg

by blue-red-cherry | 2008-05-13 09:04 | FC東京
<< 豚バラ雪見鍋 純豆腐 >>