FC東京×ベルディ川崎 ナビスコカップ予選リーグ第4節

c0025217_213319.jpg
c0025217_213154.jpg

08年2度目のダービーであり、ナビスコGL突破へ向けては1敗も許されない。
いつもながらに負けられない戦いとなったベルディ戦

c0025217_2141426.jpg
c0025217_2142497.jpg
c0025217_2143475.jpg
c0025217_2144560.jpg

c0025217_215465.jpg

ブラジルトリオがついにシーズン初のそろい踏み、ルーキーの椋原が初スタメン、平山に再びチャンスが与えられるなど、負けられない試合ながら今節もフレッシュなメンバーがスタメンに名を連ねた。
筋が通ってるので奇策に感じることはないが、相手はさぞ的を絞りづらいだろう。
一方でその布陣は相手の的を絞ったゆえの布陣であり、多くの試合でそれがハマるからスゴイ。
この試合のテーマは間違いなくベルディの外人3人を抑えることであり、その3人とほかをキッチリと分断することであった。
ユース上がりながら1対1の強さに定評がある椋原は、前回の対戦での長友同様、サイドに流れてのプレーを好むフッキやレアンドロをハードにタイトにディフェンスし、噂に違わぬ、ベビーフェイスに似合わぬ強さを見せ付けた。
今野、梶山を欠く中盤もどっしり構える浅利を軸に、鋭い読みと出足で出所を潰したブルーノ、運動量で相手を圧倒した羽生とエメ、福西や菅原ら外人トリオへの供給源を、また、こらえきれずに中盤に下がってきた外人トリオに対しても玉際強くハードワーク。
的であった外人トリオのイラつきを見ればどれだけうまくいっていたかがわかる。
ヤツらが怒ったり腐ったりしてくれるおかげで、随分と数的有利な状況を作らせてもらった。
奇しくも今季初めて東京のブラジルトリオがそろった試合で、チームへの貢献度の差というか質というか、ゴールすりゃいいってもんじゃないってところが浮き彫りになったのではないか。

ブルーノのベテランらしい、的確なプレー振りにも驚かされた。
確か前回の出場時も中盤だったが、今回は浅利という後ろ盾があり、羽生、エメが運動量を誇ったことで自在な動きが攻守に機能した。
開始2分のミドルはお見事の一言に尽きるし、ボールホルダーへの寄せ、インターセプトともにタイミングが絶妙で、また奪ってからの落ち着いた展開もそのポジションに相応しい動きだった。
さらに前半だけで2度、流れの中で決定機に顔を出した(しかもシュートもしっかり枠)攻め上がりは梶山や今ちゃん、サリらへのこの上ないお手本になっただろう。
サテ戦で見てセンターバックとしては使いづらいかな、と思っていたが、組み合わせ次第でここまでうまく機能するとは。

c0025217_2165773.jpg
c0025217_2171135.jpg
c0025217_2172360.jpg
c0025217_2173149.jpg
c0025217_2174457.jpg
c0025217_2175482.jpg
c0025217_218261.jpg

それにしても気持ちいいほどまでに、相手のキーマンを封じ、そこを長所に転換したな。
椋原のハッスルぶりには驚きと感心を禁じえないし、違和感ありまくりの左SB徳永もタイトなディフェンスに加え、後半には左足でのクロスから決定機まで演出した。
徳は佐原のヘッダーもアシストしており、いい気分転換になったのか、最近では出色の出来。
前夜の長友の活躍に刺激されたか、ここまで両SBが充実しているチームはJを見回してもそうそうないだろう。
サイドを制圧したことが展開を楽にした。

高校時代、アテネ五輪、オランダ時代を経て今もっとも苦難の時期を過ごす平山。
エメ、羽生、そして両SBがうまく機能していたこともあるが、ここ数試合いわれていたサイドへ流れる悪癖は影を潜め、ゴール正面のエリアでカラダを張り、きわどいシュートを放った。
セットプレーでのディフェンスの貢献度含め、その存在感は示せたように感じる。
しかし持ってるものは高い、というこれまた言い古された評価が引き続きつきまとう、それだけではなく結果がほしい。
一方で短い出場時間の中で2度の決定機に顔を出し、きっちりゴールを奪った祐介。
先日のPK失敗を経て奪い取ったゴールに喜びを爆発させる彼の姿はグっときた。
疲労からの故障で離脱した赤嶺。
カボレの存在感は群を抜くが、フォワード陣の充実振りを感じる。

c0025217_2183753.jpg
c0025217_2184656.jpg
c0025217_2185542.jpg

殊勲の追加点を奪った佐原は、好調ぶりが手に取るように伝わってくる。
打点の高いヘッダーは攻守両面で、宙を飛ぶような高さを見せ付けているし、局面でのハードさはルックスと裏腹、強烈だ。
鈍ることない出足の鋭さ、フジの才能はますます伸びてきているように感じる。
加えて奪ったボールをそのままドリブルで運び、叩くシーンもだいぶ板についてきた。
モニだってこのまま黙っているはずはない。

c0025217_2191353.jpg
c0025217_2192374.jpg
c0025217_2193475.jpg

チームがうまくいくとはこういう状態のことを指すのか。
目指すサッカーの頂はきっとはるか高みにあるんだろうし、まだまだオレらの知る由もない。
ただ、目の前に勝ち点の山を積み上げていることは確か。
その裏で各ポジションに激しいポジション争いが生まれている現実。
戦いは小平から始まっている。

c0025217_2195996.jpg
c0025217_2110976.jpg
c0025217_21101969.jpg

内容含めての完勝に頬は緩みっぱなしだが、ナビスコGL突破への視界は依然、開けていない。
次節、松本での清水戦、自らの力で切り開くしかない。
清水には今季、すでに2敗を喫している。
同じ相手に3度負けるのはJFK流に大いに反するだろう。
モチベーション高いチームと選手はコンディションを高め、オレたちもテンション高めでサポートしよう。
オレは単純にこのチームの試合、1試合でも多く観たいよ。

おっと、そういやダービーだったww
4タコまであと2つ。
by blue-red-cherry | 2008-05-26 21:11 | FC東京
<< 夏っぽい夕飯 日本×コートジボワール キリン... >>