古奈屋のチルドめん

c0025217_10505261.jpg

自炊無精の今日この頃、最近富に増えてきた名店の味再現、的なチルドめんに手を出すことにした。
連れん家で食べてみて、ノーマルで結構美味かった「古奈屋」のチルドめん

c0025217_1051836.jpg
c0025217_10511773.jpg

そういえば、「古奈屋」ってリアルのお店、1回しか行ったことないな。
しかも汐留の支店。
結構前だからあまり記憶がない。
恐らく忠実に再現されているであろう、このチルドめんは、そのイメージに違わずとろーりクリーミーな汁が出色。
レシピの分量見ると、水、少なくね?と不安になるが、とろみを出すにはちょうどいい。
クリーミーな汁はうどんに絡みついて喉越しもいいし、ある種具的な楽しみもある。
豚の細切れと揚げを入れてみた。
汁に大きな変化はないが、脂が出て多少、コクが増したかな。

c0025217_10512974.jpg
c0025217_10513991.jpg

2食入りの2食目、昨夜は具を舞茸と鶏胸肉の細切れに変えた。
淡白な鶏はともかく、舞茸からはエキス出まくりでスープが若干黒ずむほど。
味自体にも深みが増して、かつ元の良さはもちろん消えてないので、これはこれで味わい深い。

これ、オススメです。
by blue-red-cherry | 2008-05-29 11:01 |
<< ぶっちぎり鮨 春夏秋冬 日本×パラグアイ キリンカップ... >>