筑紫樓 広尾店

長野~所沢の慌しくも充実した週末のせいで更新が滞った。
ちょっとずつドライブかけて追いかけよう。
まずは金曜の昼、実家から妹を招いて恵比寿でランチミーティング。
ビジネスランチの定番、「筑紫樓」でフカヒレランチをご馳走した。

c0025217_1275125.jpg
c0025217_128243.jpg
c0025217_1281230.jpg
c0025217_128223.jpg
c0025217_12831100.jpg
c0025217_1284123.jpg
c0025217_1285229.jpg
c0025217_129711.jpg

わずか1500円でこれだけのボリューム、種類を味わえる。
コストパフォーマンスの良さはいうまでもないが、正直トゥーマッチなくらい、これでもかっと上質な中華を味わえる。
今の会社に入って初めて上司に奢ってもらって以来、数度訪れているが、いつも相当に満たされる。
メインのフカヒレスープは、フカヒレもしっかり、それよりも濃い目のスープの鋭い味がすべて。
お店の人からもご飯にかけて、と薦められるその味わいは確かに単品ではやや濃く、おひつから食べ放題の白ご飯に良く合い、そしてついつい食べ過ぎてしまう。
平打ちの中華麺も、それ自体の中華風ソース焼きそば的味わいもいいんだが、フカヒレスープに絡めればまた味わい深さが増す。
そのほか海老の唐揚げココナッツ風味、青梗菜の塩炒め、大根の漬物に至るまですべて納得の味。
どれも味付けは若干濃い目なのが気になるが、当然ご飯は進むので、このバリエーションとボリュームになるわけだ。

妹もすっかり満足してくれたようで何より。
来客も多い会社の近場でこういうお店があるのは心強い。
by blue-red-cherry | 2008-06-02 01:36 |
<< トマトチキンカレー FROM信州信濃のラップマシーン >>