U-23日本×U-23カメルーン 国際親善試合

c0025217_18204057.jpg

いよいよオリンピックの本戦が近づき、改めてみると今回も熾烈なメンバー争いなU-23日本代表、U-23カメルーンとのテストマッチをftnkで仕事中抜けして観戦した。

c0025217_1821446.jpg

カメルーンのメンバーは詳しいことまったく知らないが、少なくともピッチに立ってたメンバーに勝ちたい感が見て取れたのがよかった。
独特なリズムとコンディションのズレがあるのか、アフターが多かったのは怖かったが、寄せは早く、力強かった。
ここに一歩も引かずにガチでぶつかった日本。
トゥーロンから引き続き、世界の強豪チームとやれてる自信があるのか、がっぷりよつでの争いはなかなか見ごたえがあった。

センターバックの吉田麻也はその長身を生かし、同じく長い手足、さらに独特のリズムと瞬発力を武器にするアフリカンFWを深い懐に引き込んでは奪い取る、別の局面では跳ね返す、素晴らしいプレーぶり。
フィードとかは今ひとつっぽかったが、青山、水本、森重も伊野波もできるし、センターの駒は厚い。
攻撃面は抑えたという梶山だが、コンディションはすごく良さそうで、彼もまたガンガン弾きとばしてた。
代表だとかなりシンプルにプレーするよなー。
きっと本田拓也が信用ならないとみた(笑)
谷口もあれだし、さすがにかなりやられてたけど森本もファイトしてた。
去年の同じチームとかを思い出すと、随分と戦うチームになってきたなあと感慨。

梅崎の動きもなかなかよかった。
飛び出しにパス出し、まずまず。
でもおとなしいかな。
本田圭祐にも感じるが、パスのチョイスに冒険や遊びがない。
だから、受け手にとって若干マイナス気味になるミスパスが結構目立った。
勢いやスピードが足りずにショートしてしまうパスより、前であとちょっとで届くパスで失敗するチャレンジのほうが次に繋がるのに、とか思った。

c0025217_18212623.jpg

その辺でいうと途中で入って咆哮してたチュンソンにはたぎった。
テストマッチとはいえ、カメルーンもファイトしてたし、気持ちを感じる振る舞いは好印象。
同じく途中投入のエクスデロ、ちゃんと見たのは初めてだけど、テベスっぽい(笑)
サイドに流れてのボール扱いとか体の使い方とか、かなり(笑)
長い時間かけて熟成したコンビネーションの中では面白い存在になりそうなのに、という思いもありながら、ひょっとしたら何か起こしそうな雰囲気もなきにしもあらず。
森本は強くなったって印象だけど、前半のアレ外しちゃーなー。
決して1トップ属性が高いわけではなさそうなので気の毒といえば気の毒だが。
イマイチ谷口のトップ下は機能してなかった(1トップが潰されただけでなく、谷口の位置取りにも原因はあるかと)し、中盤はよく動くメンバーなので、縦横動きつけたら2トップでもいいんじゃないかな。
後ろから追い越して飛び出して、って昨日みたいにやりたいんだったら、平山相太の存在価値は高いと思うけど。

内田と長友と安田がいるのでサイドバックがガラっと変れば、昨日いまひとつだったサイドアタックは活性化されるだろう。
その際のカバーリングの必要がでてきたとき、バランスが崩れないようにセンターと中盤とのコンビネーションを強化すれば、昨日をベースに攻撃のバリエーションは増やせる。
あとはボランチより前のメンバー、ゴールへの意識、アイデア、チャレンジ、精度をガンガン上げてくしかないっしょ。
もう決まりごとを作って守ってって段階じゃない。
A代表組にどうやらオーバーエージも入れるみたいだし、さて、いろいろ間に合うのかね。

本番直前、ラストのテストマッチにアルゼンチン戦が決まった。
さすがに向こうもベストだろうし、この試合は久々に完売しそうな気がする。
オレも絶対行こうっと。

その前に18名という狭き門に向けた争いはどうなるのか。
悲喜こもごもいろいろありそうだけど、注視する。
by blue-red-cherry | 2008-06-13 18:22 | サッカー(FC東京以外)
<< 中華蕎麦 ぷかぷか 納豆冷奴と納豆オムレツ >>