中華蕎麦 ぷかぷか

c0025217_10462498.jpg

金曜、これまたクソ暑かったが恵比寿から中目黒まで歩いてラーメン、つかつけ麺。
前々から狙っていた「ぷかぷか」に念願の初訪問。

c0025217_10463651.jpg
c0025217_10464556.jpg
c0025217_10465251.jpg
c0025217_10465959.jpg

渡辺樹庵氏プロデュースの同店、さすがにスタイリッシュ。
この暑い中、ちっちゃい金魚鉢みたいなコップで水は少なすぎだが、気持ちよいダブが流れるナイスな空間。
「丸長」だったら小鉢に相当しそうなつけ汁と麺のバランスだが、渡なべ受け継ぐつけ汁、まずは動物系のだしからくる濃厚な油分を強く感じる。
膜張りそうな勢いで、麺に具にまとわりつく。
濃い目の醤油ダレもまたしっかりと感じられる。
一方で魚粉が香る魚介エキスもまた、主張は強い。
どれもがどれもを消さないバランスで、完成度が高い印象。
そんなつけ汁に幅広パスタ、リングイネのような麺が合う。
「AFURI」の真空平打ち麺に近い。
幅広でいて厚みは薄め、しかしほどよい弾力と小麦香るこの麺がまた、美味いんだ。
スープ割りすればすべてのエキスがまろやかに融合。
つけ汁としての尖った存在感にも負けない美味しさで、この出来なら、とラーメンのほうも期待がもてる。

300、400と量で訴えてくるつけ麺屋とは違うので若干ボリューム面でのアレはあるが、美味しさは堪能。
塩つけ麺も美味かったし、また汗かきながら中目まで歩こうと思う。
by blue-red-cherry | 2008-06-14 10:48 | ラーメン
<< オランダ×フランス EURO2008 U-23日本×U-23カメルー... >>