仙台名物牛たん焼き 宗太郎

c0025217_063374.jpg

「coci」の隣、かつて「海の家」があったところにできた新店、「仙台名物牛たん焼き 宗太郎」に初訪問。
ここ最近できた店では久々に行きたくなったお店。
オープン時は値引きをやっていたようで、チェックしてたのに、しくじった。

c0025217_093235.jpg
c0025217_094294.jpg
c0025217_095179.jpg
c0025217_0101100.jpg
c0025217_010913.jpg

鶏挽き肉と牛たんの合挽きによるつくね丼や、テールシチューなど興味をそそられるメニューもあったが、まずは基本の牛たん定食。
「ねぎし」や「太助」でおなじみのパターン。
メインの牛たんにテールスープ、麦ご飯ととろろ、小鉢という構成。
若干少なめかな~っと思ってたらご飯はおかわり自由とのこと。
ありがたい。
メインの牛たん。
予想以上に美味い。
肉厚でジューシーなのはいわずもがな、ミディアムレアな焼き加減がいい。
つまりミディアムレアでいける素材ってことでもある。
噛み応えと溢れる肉汁、嗚呼、牛たんはこうでなくっちゃ。
テールスープの澄んだしょっぱさがいい。
しっかり味をとった証拠だ。
小針の牛筋みたいなのも、メシの進みを加速させる。
これにとろろがあるわけで、細かく刻めば三杯いけちゃう定食だ。

この定食自体のCPは妥当かもしれないが、やっぱり日々のランチに1200+taxはきつい。
とりあえず、1000円ぴったりのほかのメニューも試してからだな。
by blue-red-cherry | 2008-06-25 00:36 |
<< ガンボ風トマトチキンライス 天下一品 >>