ツナの和え物×2

若者のエンゲル係数がなんちゃら!みたいな見出しを見てふと考えて、いや、考えるまでもなくオレの財政難はエンゲル係数に帰属する。
できるだけありもので料理しようと思ってはいる。
ツナ缶+安めの野菜で和え物×2。

c0025217_0385113.jpg
c0025217_039061.jpg
c0025217_039881.jpg

①ツナとニラと玉ねぎのマヨネーズ和え
ニラを熱湯でサッと茹で、玉ねぎの粗みじんをマヨソースで和える。
マヨソースはマヨネーズ、醤油、ポン酢のミックス。
基本の味は想像どおりなので、あとは好みでさじ加減次第。
ニラも玉ねぎも香りがきついので、ニラは茹で、玉ねぎは生、それぞれ水にさらす必要はある。
それなりに美味いんだけど、玉ねぎ1/2個って、粗みじんだと結構な量。
ニオイはとれないし、胸焼けするし。
これは気をつけたほうがいい。

②ツナとえのきのバター炒め
昨今値上げ食品の代表格とされるバターも、謎のチューブ式だと99SHOPにも売ってるのね。
そんなバターでえのきを炒め、良い按配のところでツナを足す。
混ざったものに黒コショウをまぶせば出来上がり。
味付けに力を入れた①に比べればそのまんま、雑な料理だが、こっちの味のがパンチはある。
ツナとバターの塩気を吸ったえのきがジューシー。
美味いっす。

まあつまみです。
これを片手にビールを2缶ほど飲んだが、二日酔いに近い症状をくらった。
でもこれは酒のせいではない。
玉ねぎの食いすぎだ。
同じものを食いすぎるのはたぶん、よくない。
by blue-red-cherry | 2008-07-03 00:51 |
<< まめぞん 食幹 >>