鹿島アントラーズ×FC東京 J1第16節

c0025217_12131140.jpg

浦和に続く上位との対決第2弾、鹿島戦
城福東京の現在地を知る戦いは、いままさにひとつの区切りを迎えようとしている。

ここまで濃い霧の中に身を置いたことは、かつてなかったと思う。
試合前なんか可愛いもので、終盤まで濃くなっていく一方だった。
埼玉スタジアムしかり、傾斜のある大型サッカー専用スタジアムでは、2階席からの眺めが絶景だ。
今日も今日とて2Bゾーンにて観戦したわけだが、メインスタンドが見えない。
かろうじてボールの動きを追えてたが、後半の鹿島サイド、それからメイン寄りのサイドに関してはほとんど見えてなかったと思う。

c0025217_12142894.jpg
c0025217_12143634.jpg
c0025217_12144210.jpg
c0025217_12144868.jpg
c0025217_12145992.jpg
c0025217_1215770.jpg

霧の中、どんなドラマが見れるかと、ワクワクしていた。
前半からお互い攻めあう好試合だったと思う。
田代とマルキーニョスに当ててくる鹿島に対し、東京は梶山を中心にボールを繋いでダイレクトでの中央突破、空いた椋原を使う展開。
サイドを使えずに、愚直に浦和に跳ね返され続けた前節の反省を生かしたか、左サイド寄りで基点を作っては、椋原が再三スペースを使って上がる場面が見られた。
徳永もまずまず攻撃面でも顔を出し、右利きゆえの中に切れ込んでのミドル(精度は低い)を放っていた。
新人狙いはある意味当然、新井場が再三上がってきたサイドに対し、椋原の踏ん張りは評価されるべき。
確かにギリギリな対応が多かったが、クロスをあげさせない。
さらに狙われているのが明白な中、勇気あるオーバーラップも繰り返していた。
かなり激しい上下動で消耗も大きかったと思うが、個人的にはあのまま最後まで引っ張っても、椋原のサイドの攻防は五分、悪くてもやられることはなかったと見る。

前半は佐原とフジの頑張りが大きかった。
田代の高さを多用してきた鹿島だが、佐原はほぼ完勝。
後ろから相手の前に足を出すスタイルのディフェンスは個性だが、かなり高く足を上げるのでいつもファウルをとられないか冷や冷やさせられる。
負傷を感じさせない果敢な競り合いは強く、結果田代を引き摺り下ろすまで、粘り強いハードマークができていた。
フジも好調マルキーニョスにしつこいマーク。
前を向かせなければインターセプトにしても、楔への後ろからの守りにしても、封じられる。
まあ椋原にしろ、ギリギリの線だったことは確か。
幾度となく塩田に助けられたし。

c0025217_12153718.jpg
c0025217_12155387.jpg
c0025217_1216216.jpg
c0025217_1216980.jpg

五分にやれてた前半、しのげたのはプラン通りかもしれないが、ここで先制したいところだった。
サイドにスペースはあったし、2トップを潰せてボールを取れたので、エメが前向きにボールを持つシーンが多かった。
だが、それも悪い方向に向かってしまった。
相変わらず体の使い方、足元ともに抜群の個を見せ付けたエメだったが、その目線はカボレにしか向いていない。
エメの要求に合わせるのか、ほかがエメを導くのか。
攻撃のタクトを握る部分なだけに、マークが途切れることないカボレにボールにしかボールを出せない司令塔は致命的だ。

そもそも動きが少ない。
せっかくサイドに基点ができたときに、中の人数が足りない場面が多い。
ボール回しには向上の跡が手に取るように見えるのは楽しい限りだが、エメが偏るのも理解できなくはない、それくらい動きが少ない。
梶山はアンカーに収めるとキレイなプレーに終始してしまうのがもったいない。
確かにあの位置であのキープ力と展開力があるのは安心できるんだが、それで梶山のダイナミックで読めないプレーが消えてしまうのはもったいない。
それでも周りが動けてればいい。
いや、動いてないわけではない。
羽生は相変わらず動けてるし、エメも動いてるからボールが集まる。
平山はボールの通過点として、バイタルの競り合い、キープ役として機能している。
羽生の動きは囮で、平山は楔、どっちもそうじゃないときの動きにもう少し工夫が必要か。
動きが少ない、というよりフィニッシュへの動きが足りないということか。
間違いなく、その役目を求められるのが今野だと思うんだけどなあ。
どうにもフィットしていない。
玉際きつく、ボール奪取は相変わらずなんだけど、ボールを前へ運ぶプレーがいかんせん不完全燃焼。
前に蹴るにしてもワンテンポ遅いし、持ち味だったはずの前線への爆発的な飛び出しが鳴りを潜めている。
平山、エメ、梶山、ある種役割を固定した中盤がムービングの足かせになっているのかもしれない。

c0025217_12165761.jpg
c0025217_1217457.jpg
c0025217_12171083.jpg
c0025217_12171785.jpg

ギリギリの線で踏ん張った末の先制点。
ここまでは完璧なシナリオだ。
しかしそのあとのプラン、どうだったんだろう。
とはいえ、失点直後の田代→コオロキ、野沢→ダニーロがどんぴしゃだった。
完全に制空権を制圧されてた佐原に対してコオロキをペナ内深く差し込んできたところの同点弾。
あれじゃリードしてからの展開もクソもないか。

連敗だけでなく、千葉戦から続くよくないムードを払拭するには、御の字の引き分けではなく勝ち点3。
その考え方は分かる。
それ以上に、前節の浦和戦含め、この連戦を城福スタイルの試金石にするのは長いプランの末だったと深読みしてみる。
序盤戦、ベルディにしたって大宮にしたって、相手に合わせた戦い方を局面に織り交ぜ、自分たちのスタイルの醸成とともに勝ち点にこだわった戦い方のバランスが意図的に取られていた、それゆえの上位キープ。
これがすべて上位陣とのガチンコ対決のための予防線(予防戦)だったと。
そんなにうまくいくわけはないんだけどね。
どちらにしろ、浦和にしたって鹿島にしたって、愚直なまでにボールを動かして(人の動きは足らない)チャレンジし続けた末の敗戦だ。
出来てた部分と出来なかった部分、どうすればどこまでいけてどこが足りないのか、何をしてしまうとカウンターの餌食になるのか。
知りたかったことは勝ち点6のロスとともに、充分すぎるほど知りえた。

c0025217_1218294.jpg
c0025217_12181058.jpg
c0025217_12181825.jpg
c0025217_12182533.jpg
c0025217_12183843.jpg
c0025217_12184658.jpg

というわけで明後日のガンバ戦。
きっとまたしても愚直なまでに繋ぐ、理想を追い求める城福サッカーが繰り広げられると予想する。
連戦ゆえとはいえ、中断明けの試合ではあまり積み重ねが感じられないのは気がかりだが、ここは貫きとおさなきゃダメでしょ。
前2試合の受け取り方も変わっちゃうよ。
ガンバ戦で一回り。
確か城福さんは一回りを一区切りと考えてる、って言ってたような。

今あたふたするのは早漏すぎじゃないの?


c0025217_12191137.jpg
c0025217_1219188.jpg
c0025217_12192523.jpg

んで、鹿島スタジアムだから。
霧ん中でもメシは美味くって。
むしろほどよくひんやり(最後のほうは寒すぎ)で、もつ煮につみれ汁、汁物も美味しくいただけて。
ハム焼きの魔力は絶大で。
すべてをビール(大)でガッツリ飲み干してるところに酸辣湯麺なんかがあったりしちゃったり。
とにかく屁が臭くて困りましたわ。
メシとビュー、言うことなしのスタジアム。
神が二物を与えないゆえの不便さも随一。
それでも懲りずにまた行きます、きっと。

c0025217_12193711.jpg

by blue-red-cherry | 2008-07-14 12:20 | FC東京
<< チャメ fight for your ... >>